過去の大会

雀サクッCUPの過去の成績および全参加選手を掲載しています。

第8回雀サクッCUP

大会結果RESULT OF COMPETITION

第8回雀サクッCUPの優勝は、ほあろん代表の木野さん(写真中央)でした。
おめでとうございます!

決勝卓の模様

決勝卓は、
 ASAPINさん
 麻雀やん代表選手:尾北さん
 マーチャオ代表選手:白井さん
 ほあろん代表選手:木野さん
の4名で行われました。


大会レポートREPORT

予選A組 結果

予選A組(起家から、ばっちさん・尾北さん・比嘉プロ・かずまさん)

予選A組は東二局に尾北さんが親の4000オール・12000のアガりを決め大きくリードする。
他3名が追う展開となった。2着争いが最終局までもつれる接戦となった。

最終局にタンピンドラ1の25mテンパイを入れたばっちさんがリーチ。
残り1枚の2mを一発でツモり跳満のアガリを決め2着となった。

かずまさんも好スタートを決めたが最終的には3着だった。
今大会注目のNMPリーグ枠の比嘉プロも親番で意地を見せたが、不運な放銃もあり4着で予選敗退となった。

尾北さん:42900
ばっちさん:25500
かずまさん:17900
比嘉プロ:13700

予選B組 結果

予選B組(起家から、白井さん・金山さん・神澤さん・zeRoさん)

予選B組は白井さんが開局4000オールをツモり好スタートを決める。
金山さん、神澤さんは終始苦しい展開が続く。

zeRoさんも何度かアガりを決め白井さんを追いかけるも、白井さんがリーチを確実にアガり且つ裏ドラも乗せて加点しzeRoさんを突き放す。
最終局、親のzeRoさんがメンホンチートイ7s単騎の大物手でリーチを打つも流局し2着でワイルドカード進出となった。

白井さん:49300
zeRoさん:27200
金山さん:16200
神澤さん:8300

予選C組 結果

予選C組(起家から、木野さん・村瀬さん・ASAPINさん・岩室さん)

予選C組は4人全員が競り合う展開となった。南一局の時点でトップが26000点の木野さん。

全員もつれた展開の中、ASAPINさんが3900のアガりを決め30000点台となり頭一つ抜け出すが、次局ASAPINさんがピンチを迎える。
ダマで跳満をテンパイしている木野さんに対し、当たり牌の東を余剰牌で抱えている手牌のASAPINさん。3mのチーテンを取れば東が確実に出ると思われた。
終盤3mをチーするもヘッドの南を切り放銃を回避した場面では、会場が大きく盛り上がった。
このままASAPINさんが逃げ切り決勝進出を決めた。

オーラス、ラス目だった村瀬さんが2000点をアガり2着浮上でワイルドカード進出となった。
3着の木野さんもワイルドカード進出を決めた。

ASAPINさん:28800
村瀬さん:24600
木野さん:24100
岩室さん:21500

ワイルドカード決定戦 結果

ワイルドカード(起家から、村瀬さん・木野さん・ばっちさん・zeRoさん)
ワイルドカードはトップのみ決勝通過となる厳しい戦い。
東一局いきなりzeRoさんがタンピン三色赤赤の大物手が入る。發のドラポンを見たzeRoさんがすかさずリーチを打つ。
更に追っかけリーチを打った木野さんが一発ツモで満貫のアガりをもぎ取った。

予選A組の最終局で跳満を一発ツモし流れに乗っているばっちさんも、勢いそのままにここでも一発ツモを決める。
zeRoさんも難しい選択のリーチで一発でアガりを決めた。

決め手となった局面は南一局。
タンピン赤赤の三面張リーチ(258m待ち)で決めにいったzeRoさんに対し、またしても木野さんが追っかけリーチ(9s南待ち)。
ここで木野さんが高めのダブ南をツモあがり、さらに裏裏で倍満のアガりを決めた。

ばっちさんもメンピン三色ドラドラの跳満で木野さんを追い詰めるが、オーラス流局し木野さんが逃げ切りで決勝進出を決めた。

木野さん:40200
ばっちさん:35700
zeRoさん:21500
村瀬さん:2600

決勝 結果

決勝(起家から、尾北さん・白井さん・ASAPINさん・木野さん)
決勝戦は開局から4局連続跳満が飛び出す凄まじい展開となった。
木野さん⇒北ドラ5
白井さん⇒リーチドラ5
尾北さん⇒メンピン一発二盃口、メンタン一発ツモ赤ドラ

怒涛のアガりの波に乗れないASAPINさんは箱下までいってしまい、序盤で力尽きてしまった。
南一局で完全に三つ巴の状態となった。

オーラス、尾北さん・白井さんに優勝条件が残っている中、尾北さんが逆転条件の跳満リーチを打つもアガる事が出来ず、流局となり木野さんが逃げ切り優勝を決めた。

木野さん:42200
尾北さん:28800
白井さん:35700
ASAPINさん:▲7700


大会日程SCHEDULE OF COMPETITION

2018年4月22日(日)13:00~

番組はコチラ⇒第8回雀サクッCUP(ニコニコ生放送)
※近日中に Youtube に本大会の模様を公開いたします!

【実況】
山田 佳帆プロ(最高位戦日本プロ麻雀協会 東海支部)
【解説】
梶本 琢程氏(麻雀評論家)
ASAPIN氏(初代&第11代天鳳位)


協賛店舗SPONSOR’S INTRODUCTION

特別参加枠SPECIAL PARTICIPATION

NMPリーグ選抜2名(zeRo氏、比嘉秀仁プロ)

第7回雀サクッCUP

大会結果RESULT OF COMPETITION

第7回雀サクッCUPの優勝は、マーチャオχ代表の「山本 潤」さんでした。
おめでとうございます!

決勝卓の模様


決勝卓は、
 KILLER TUNE 代表選手:宮本さん
 麻雀ひまわり代表選手:浦 康輔さん
 マーチャオχ代表選手:山本 潤さん
 麻雀やん代表選手:羽山さん
の4名で行われました。


大会レポートREPORT

予選A組 結果

予選A組(起家から、宮本さん・かずまさん・ハットリシンヤさん・加藤 智也さん)
予選A組は東1局から親の宮本さんがメンタンピン赤ドラドラの18000をアガり好スタート。他3名が追う展開となった。かずまさんも親で7700のアガり、東1局で18000の放銃をしてしまった加藤さんも怒涛のアガりで追い上げる。ハットリさんは手牌的にも終始苦しい展開が続く。
オーラスには宮本さん41800、かずまさん29600、加藤さん(親)27600でトップを争う展開に。かずまさんは手牌状況によっては2着でワイルドカードを目指すという選択も。
オーラス、まずは親の加藤さんがタンヤオの500オールをツモアガリ2着へ浮上。トップ以外でのアガりやめは無いためそのまま連荘。オーラス1本場も加藤さんが白のみをかずまさんからアガリ2本場。予選は50分打ち切りのため、次が最終局。
このまま逃げ切りたい宮本さんは1mのチーから仕掛けて役牌バック。すかさず加藤さんはドラの北をポンしホンイツへ。
最後は宮本さんが發のみのペン3sをアガりトップ通過を決めた。

宮本さん:42900
加藤智也さん:30300
かずま:27300
ハットリシンヤさん:▲500

予選B組 結果

予選B組(起家から、川尻さん・浦 康輔さん・ハッケヨイさん・山本 潤さん)
予選B組は序盤から鳴きやかわし手の応酬。南場に入りトップが27000点で大接戦の展開に。
展開が動いたのは南2局1本場。親の浦さんがカン5mのリーヅモイーペーコー赤の4100オールをツモアガリ一気にトップ目に躍り出る。次局、山本さんがこのままトップ目を走らせるわけにはいかないとリーヅモドラ1で浦さんの連荘を食い止める。
その後も、山本さんが軽い手をアガりトップ目でオーラスを迎える。
山本さん(親)33800、浦さん32800で二人の争いかと思われたが、川尻さん・ハッケヨイさんも上2人から満貫直撃か跳満ツモで2着へ浮上出来る誰が勝ち上がるかわからない展開。

オーラス3順目に川尻さんがペン7mをツモり以下のテンパイが入る。(ドラ4s)
[4678]s[123赤5789]m[567]p

跳満ツモを目指すには一通や三色が見える8s切りかと思われたが、川尻さんは赤5mを切り浦さんがすかさず役牌バックのチーを入れる。川尻さんは次順そのまま4sドラ単騎のリーチを打つ。
2着浮上を目指すには、一発ツモで裏1条件、一発以外なら裏2条件と厳しい漢の選択。次巡、川尻さんがドラの4sを一発ツモ…!!
しかし、裏ドラは乗らず2着浮上とはならなかった。仕掛けで場を動かした浦さんの作戦勝ちとなった。

浦さん:30800
山本潤さん:30500
川尻さん:23600
ハッケヨイさん:15100

予選C組 結果

予選C組(起家から、木全さん・高橋さん・羽山 智之さん・シゲさん)
予選C組は東3局から親の羽山さんが怒涛のアガりを連発する。東4局には63000点の大トップ目に。羽山さん以外の3名が実質2着でのワイルドカード進出を争う展開に。
過去に雀サクッCUP優勝経験のある高橋さんは厳しい局面が続くが、50分打ち切りの10秒前に親のアガりで連荘し王者の意地を見せる。南2局1本場が最終局。親の高橋さんは4000オール、シゲさん・木全さんはアガったほうがワイルドカード進出が確定する。

最終局はシゲさん・木全さん共にタンヤオ系の手が入り、まずは木全さんが8pポンから仕掛ける。終盤、木全さんにタンヤオドラ1のテンパイが入る。シゲさんもテンパイ取りでも2着が確定するため、形テン取りの鳴きを入れテンパイ。
最後のツモで木全さんが2pをツモアガリワイルドカード進出を決めた。シゲさんは終局まで残り2牌で敗退と悔しい結果となった。

羽山さん:58700
木全さん:19700
シゲさん:18500
高橋さん:3100

ワイルドカード決定戦 結果

ワイルドカード(起家から、加藤 智也さん・木全さん・かずまさん・山本 潤さん)
ワイルドカードはトップのみ決勝通過となる厳しい戦い。スタートダッシュを決めたい局面、まずは木全さんが14mの先制リーチを打つ。すかさず、かずまさんも147m待ちで追っかけリーチを打ち、終盤かずまさんが7mをツモアガリ2000/4000でスタートダッシュに成功する。しかし、次局木全さんが25p待ちのリーチで力強く赤5pをツモり2000/4000で逆襲。
2人の戦いかと思われたが山本さんがメンピンツモ赤赤裏の3000/6000をツモあがり一気にトップ目に浮上する。その後も山本さんがアガりを繰り返し、38100でトップ目でオーラスを迎える。
木全さんは満貫ツモ、かずまさんは跳満ツモ、加藤さんは3倍満ツモ条件が必要な場面で全員が意地を見せる。

まずは木全さんが以下の手牌でリーチを打つ。(ドラ4s)
[33444]p[34566788]m
途中7mが打たれるも見逃して、ツモに全てを賭ける。
かずまさんも赤赤ドラで跳満の手作りを目指す。

加藤さんは中盤、
[東南南南西西北白白白發發][33]s
の手から3sの対子落とし。四暗刻以上の高みを目指す一打。
最後は流局し、山本さんが決勝勝ち上がりとなった。

山本さん:38100
木全さん:28200
かずまさん:23100
加藤智也さん:10600

決勝 結果

決勝(起家から、宮本さん・浦 康輔さん・山本 潤さん・羽山さん)
決勝戦は起家の宮本さんが、山本さん羽山さんの萬子待ちに対し終盤25m待ちのリーチを打ち12000のアガりを決める。
次局、山本さんもメンピンイーペーコードラ1のアガりで追撃する。2局連続放銃の羽山さんはいきなり苦しい展開を強いられる。

その後もアガりを決め、46300持ちで迎えた山本さんの東3局親番。(ドラ3m)
[13367779]m[223]p[赤567]s
まずは2pポンでタンヤオドラ3確定のフリー雀士らしい鳴きを見せる。
その後、
[33777]m[23]p[赤567]s ポン[222]p
のテンパイからドラの3mをツモり、3pを切り萬子と索子のくっつきを見た一打を放つ。
中盤、浦さんが中単騎のリーチを打つも山本さんのテンパイ外しが見事にハマり4sをツモり6000オール。

この局が決め手となり、65000点超えの大トップとなった。
その後、宮本さん・浦さん・羽山さんも意地の手作りを見せるが、山本さんに終始手が入り69000点持ちでオーラスを迎える。

ラス親の羽山さんが連荘し続けることで逆転優勝もあるがその差は約80000点。
最後も山本さんが發ドラ1を自らアガり見事に優勝を決めた。

山本潤さん:71000
宮本さん:30300
浦康輔さん:7100
羽山さん:▲8400


開催日時SCHEDULE

2018年1月21日(日)13:00~

※近日中に Youtube に本大会の模様を公開いたします!

【実況】
相川 まりえプロ(最高位戦日本プロ麻雀協会 東海支部)
【解説】
山口 幸紀プロ(最高位戦日本プロ麻雀協会 東海支部)
ASAPIN氏(初代&第11代天鳳位)


出場選手紹介PLAYER’S INTRODUCTION

麻雀荘ほあろん

シゲさん
ハットリシンヤさん

フリー麻雀荘 PLAYBALL

かずまさん
ハッケヨイさん

フリー麻雀 ひまわり

浦 康輔さん
高橋さん

麻雀やん

加藤 智也さん
羽山さん

マーチャオχ名古屋栄店

木全さん
山本 潤さん

KILLER TUNE

川尻さん
宮本さん

協賛店舗SPONSOR’S INTRODUCTION

第2回雀サクッCUP

大会結果RESULT OF COMPETITION


第2回雀サクッCUPの優勝は、麻雀ギルド代表の「橋本」さんでした。
おめでとうございます!


大会レポートREPORT

予選A 結果

予選A卓:早川孝(ほあろん)、榛葉一輝(麻雀やん)、かずま(PLAYBALL)、大崎(GUILD)
 南1局(ドラ白)、2着目の西家・かずまさんの「23455m112233p34s」リーチに対して、トップ目の東家・早川さんが「234567p22455678s」から8s切りリーチ。待ちを狭めながら当面の敵の当たり牌を抑えて、かつ、かずまさんから3sを打ち取っての見事な5800のアガリになりました。
 早川さん優勢で迎えた南2局、かずまさんが「45667m33456678p ツモ8m(ドラ5p)」の2000/4000、そして南3局の親で「22赤56667788m34赤5p ロン4m(ドラ5p)」の18000と一気に逆転します。
 実は東1局から他家の12000確定リーチ&高め7700仕掛けを2600で蹴ったり、18000をアガった局も他家のリーチに対して一旦アタマの字牌を落として回したりと、単なるツキではなくしぶといゲーム回しを続けた我慢が実った結果。第1回大会でも決勝進出を果たした強者が、安定した力を発揮しました。

かずま(PLAYBALL)56,500
早川孝(ほあろん)35,900
榛葉一輝(麻雀やん)15,700
大崎(GUILD)▲8,100

予選B組 結果

予選B卓:石川欽也(ひまわり)、原田(PLAYBALL)、黒澤裕太朗(ほあろん)、山本潤(マーチャオΧ)
 小場で迎えた東4局1本場(ドラ6p)、北家・黒澤さんがなんと2巡目に「234678m赤567p4566s」の満貫ダマテン、3巡目にツモ切りリーチ。一人旅かと思いきや、8巡目に「4赤56m12366p12s白白白」の満貫ダマテンで追い付いたのは南家・石川さん。更に10巡目、西家・原田さんが「3367m789p122334s」でリーチすると石川さんは撤退、リーチ者2人のめくり合いは黒澤さんに軍配、6sツモで3000/6000と大きく抜け出しました。
 南2局、親の原田さんが5巡目の時点で「33赤5m4557789p44赤5s」とゴツゴツした難しい手を上手く料理して、8巡目「34赤5m4赤555789p34赤5s」のリーチ。4pで安目ツモながらも裏1乗せて6000オールと逆転に成功し、そのまま押し切りました。

原田(PLAYBALL)41,400
黒澤裕太朗(ほあろん)28,300
山本潤(マーチャオΧ)17,500
石川欽也(ひまわり)12,800

予選C組 結果

予選C卓:橋本(GUILD)、池亀民紘(ひまわり)、赤尾有輝(マーチャオΧ)、三嶋直樹(麻雀やん)
 東2局池亀さんが満貫でまずは抜け出しますが、東3局1本場に赤尾さんが親で7700は8000をアガって逆転。この2人のマッチレースかと思いきや、東ラスの親を迎えた時点で13,400点しかなかった三嶋さんが大爆発。「234678m12378p赤55 リーチ一発ツモ6p(ドラ6sウラ5s)」で6000オール、続いて「33677m88p5577s西西 リーチ一発ツモ6m(ドラ6mウラ東)」で6100オール、なんと56,700点まで突き抜けます。
 これで流石に勝負あり、と思いきや今度は、一旦8,200点まで点棒を減らした橋本さんが徐々に追い上げを開始。4本場で流れて来た南1局の親で、「66m56678p444s チー768s ツモ7p」で2,000オールは2,400オール、「45667m345789p99s リーチツモ8m(ドラ7sウラ白)」で1,300オールは1,800オール、「789m13赤567p11s 東ポン ロン2p(ドラ1p)」で5,800は7,600、「455667m45p赤55789s ロン6p(ドラ5m)」で12,000は14,100、「111678m1134789p リーチロン2p(ドラ南ウラ2s)」で2,000は4,400と5連続のアガリ。この時点で三嶋さん53,500点に対して橋本さん49,500点、9本場なのでキッチリアガリトップの形ができた時点で、時間切れ打ち切りの最終局に突入します。そして最後も「566778m赤5578p 435チー(ドラ7p)」から「アガれる方」の6pを出アガリで5,800は8,500、6連続アガリでなんと最大48,500点差という絶望的な点差をひっくり返しました。

橋本(GUILD)58,000
三嶋直樹(麻雀やん)53,500
池亀民紘(ひまわり)16,300
赤尾有輝(マーチャオΧ)▲27,800

ワイルドカード決定戦 結果

ワイルドカード:早川孝(ほあろん)、三嶋直樹(麻雀やん)、黒澤裕太朗(ほあろん)、山本潤(マーチャオΧ)
 小場で進み、上下1,800点差以内に全員がひしめく状況で迎えた東3局1本場、山本さんが「2347778m567p34赤5s(ドラ1s)」でリーチ、早川さんの聴牌打牌8mを捕らえてウラも1枚(4m)乗って8,000は8,300のアガリ。しかしその山本さんから「34赤588p4赤5789s ポン白(ドラ2s)」の3,900を直撃した三嶋さんが僅差で逆転と、なかなか抜け出す人がいない展開に。
 南2局、リーチと仕掛けで終盤までもつれたなか早川さんが「45789m234p發發 アンカン4s リーチツモ3m(ドラ西2mウラ7m4s)」をツモアガリ。カンウラを4枚乗せての3,000・6,000で、ラス目から一気に僅差のトップ目に立ちます。続く南3局早川さんは「3赤5m34赤5p345678s東東(ドラ3m)」の満貫ダマテンから、山本さんの2副露を見て抑え付けるべく、6mツモで敢えてドラ切りの両面リーチを決断、しかしこれが三嶋さんのドラチーを誘発し、更にその打牌8p(リーチの現物)が山本さんの「88m67p456s チー645s ポン7s」の1,000点の交わし手に捕まります。オーラスを迎えてまだ僅差トップ目の早川さん、山本さんのリーチと三嶋さんのドラポンに挟まれ、しかも一向聴の「345688m678p4678s」で浮いている4sがリーチのアタリ牌という絶体絶命の事態を迎えますが、ここで赤5sを引き入れて6mを勝負(ダマテン)、9sでアガり切って決勝の最後の席をゲットしました。

早川孝(ほあろん)31,400点
山本潤(マーチャオΧ)25,900点
黒澤裕太朗(ほあろん)21,500点
三嶋直樹(麻雀やん)21,200点

決勝 結果

決勝:原田(PLAYBALL)、橋本(GUILD)、かずま(PLAYBALL)、早川孝(ほあろん)
 スタートダッシュを決めたのは起親の原田さん、リーチして一人聴牌(流局)・1,000は1,100オールと、加点は地味ではありますが他3人に均等に9,200点差をつけてリード。対して東2局3本場・親の橋本さんは「6789p222789s ポン發(ドラ9p)」の聴牌から赤5pを引いて打2sとしますが、実は序盤に4pを切っており振聴。4pチーで振聴を解消するも適当な単騎待ちの牌が引けず、「789p7889s チー4赤56p ポン發(ドラ9p)」という苦しい仮テンでしたが、これを出アガって5,800は6,700と、苦労しながらもトップ目に立ちます。
 東3局は南家・早川さんが「123789m78p123s南南(ドラ2m)」と高めチャンタを仕上げてリーチしますが、ツモったのは安目の6pで裏も乗らず1,000・2,000まで。誰もなかなか抜け出せないまま局は進み、南入時点で3万点以上持つ者がいない状況でした。
  決勝東場終了時得点:原田(PLAYBALL)26,200、橋本(GUILD)29,900、かずま(PLAYBALL)18,100、早川孝(ほあろん)24,800 ※供託1,000
 南1局に300・500の1本場をツモって親を引いた橋本さんが、「45567m45赤5667p99s」を終盤で聴牌ってダマテン、ケイテンで押した早川さんの河底打牌6mを打ち取ります。早川さんがタンヤオに移行していれば、先に好形69pのダマテンを入れていたかずまさんのアガリもあった局だっただけに、トップ目からの5,800加点は他の三者にはズシンと響く重いパンチとなりました。
 橋本さんの親を3,900は4,200で次親のかずまさんが流し、しかしそのかずまさんの親を次親の早川さんが700・1,300で流して、あっという間にオーラス。それぞれが自身の親に攻撃の照準を合わせた結果、橋本さんは足を使わずにトップ目をキープして局が進む展開となりました。オーラスを迎え、ラス目の早川さん(東家)は連荘あるのみ、2着目の原田さん(南家)は跳ツモ条件、3着目のかずまさん(北家)は倍ツモ条件、という並びに。
 オーラスは原田さんが12巡目に「1233457999m456p(ドラ4p)」と役なしドラ1の聴牌を入れますが、一手替わりで一通なので跳ツモ含みの条件を満たす一向聴とも言える形。直後に早川さんも「134赤5999白白白 チー768s」と親マン聴牌、場は一気に沸騰しますが、そのまま2人聴牌で流局。このノーテン罰符で原田さんも満貫条件になるので、勝負の行方はまだ混沌としています。
 オーラス1本場、「149m179p1489s南北白發(ドラ3p)」の配牌を取った早川さんは、10種10牌から意を決して国士無双へ。解説陣はノーテンだと終局してしまうラス親で国士狙いは微妙というムードでしたが、早川さんの意志に牌が呼応し、2巡目に9m・3巡目に中を引いてなんとこの時点で一向聴となります。自力決着を目指す橋本さんは「4赤5m赤56p赤56667s西 チー234s」の形で仕掛け、早川さんが欲しい西を引っ張っていただけに、今この瞬間に早川さんが東を引けば48,300点が炸裂する…という状況が数巡続きます。しかし早川さんが国士聴牌が入らないうちに、橋本さんは5p2丁引きで「4赤5m赤555p赤56667s チー234s」という聴牌を入れ、最後は6m出アガリで決着。最後は「フリー雀荘の象徴」とでも言うべき赤3枚の華やかな手を成就させて、力強く勝負の幕を引きました。

橋本(GUILD)44,200
原田(PLAYBALL)26,400
早川孝(ほあろん)18,600
かずま(PLAYBALL)10,800


参加代表者PLAYER’S INTRODUCTION


協賛店舗SPONSOR’S INTRODUCTION

第1回雀サクッCUP

大会結果RESULT OF COMPETITION


第1回雀サクッCUPの優勝は、麻雀ひまわり代表の「西 一壽」さんでした。
おめでとうございます!


大会レポートREPORT

予選A 結果

予選A組(起家から、池亀・稲垣・かずま・渡辺)
予選A組は東1局、西家・かずまさんのドラ3m嵌張先制リーチを起家・池亀さんが47p待ちで追っ掛け、一発で打ち取ってリーチ一発赤ドラで12000点のアガリ、開局早々激しい展開に。東1局でビハインドを背負ったかずまさんだが、南3局で4巡目チーテンのホンイツ一通。これに池亀さんが赤5mで飛び込んで12000点放銃、トップ目だけに仕掛けの対面でむしろ危険牌を先打ちしようとしたら想定外に早い手に捕まって再び混戦に。
オーラスは稲垣・池亀・かずまの3氏が2400点差にひしめく状況から、一人離されたラス親・渡辺さんが5800をひとアガリ、これで全員が満ヅモ条件以内という並びに。アガればトップ終了の手で押して親に放銃した池亀さんが1本場で再度メンピン赤高めドラという条件を満たしてリーチと諦めずに攻め続けたが、最後はかずまさんのポンテン3900のカン4pをつかんで放銃。
最終的には、なんと開局で12000を打ったかずまさんがトップ・アガった池亀さんがラスという着順になった。

かずま:32100
稲垣:30300
渡辺:19200
池亀:18400

予選B組 結果

予選B組(起家から、山本・高橋・大澤・新田)
予選B組は東1局、親・山本さんのリーヅモ赤1・2000オールからスタート、1本場で大澤さんとのリーチ合戦(共にメンピン赤1)を制してツモった高橋さんが裏も乗せて逆転。そして東2局でタンヤオドラ3赤1をツモった大澤さんが更に逆転と、打撃戦の展開に。
東3局は、出遅れた新田さんがドラ暗刻で3sを2枚切って14s待ちというテクニックを見せて盤石のリーチで巻き返しを狙うも、4枚目のドラをカンしたところ嶺上から高橋さんへの放銃牌・中を発掘してしまう。高橋さんは萬子を1面子落として筒子のホンイツトイトイ東中赤という、大胆な大物手狙いがハマって一躍トップ目に。
南1局2本場で、山本さん・高橋さんの2軒リーチに対して、黙聴で押した大澤さんがかいくぐって5200のロンアガリ。放銃した新田さんは、回し打って振聴の聴牌を入れつつ、2軒リーチに対する現物での放銃という不幸な振り込み。オーラス親の新田さんも意地のメンホンドラドラ18000確定リーチを打ったが、裏1条件の山本さんに放銃して(裏乗らずだがワイルドカード進出濃厚)終了となった。

大澤:43400
高橋:31400
山本:29000
新田:▲3800

予選C組 結果

予選C組(起家から、長谷川・バッチ・タツ・西)
予選C組は西さんの独壇場。28000持ち東4局親番で、 34r56777m456s4r56p ドラ4sのリーチを放ち、こちらも満貫テンパイしている長谷川さんより8m18000点を和了し勝負を優勢に。
その後もコンスタントに和了を重ね、60000点のトップ。
ワイルドカード進出がかかる2着にはバッチさんが南2局で4000オールをツモ和了。タツさんとのデットヒートを制しプレーオフに駒を進めた。

西:58300
バッチ:32800
タツ:25200
長谷川:▲16300

ワイルドカード決定戦 結果

ワイルドカード(起家から、稲垣・山本・高橋・バッチ)
ワイルドカードはフリー雀士らしい殴り合いになった。リーチがかかるとそれに折れず追っかけリーチの連続。全員参加の毎局和了による点棒移動がある激しい展開になる。
決め手となったのは、南2局、親番の高橋さんによる2600オールツモと5800の出和了り。これで40000点を超えた高橋さんが、残りを守りきり決勝進出を決めた。

高橋:37200
山本:28300
稲垣:25900
バッチ:8600

決勝 結果

決勝(起家から、かずま・大澤・高橋・西)
決勝戦はプレーオフからの進出の高橋さんが終始有利に展開を進める。
36100持ちの南2局。親番大澤さんの中暗槓が入り場が煮詰まりかけた状況で、 4456m12444r56p456s(ドラ4mカンドラ4m)から4mを持ってきて1pを切り迂回。
その後かずまさんからリーチが入る(47m待ち)。同巡高橋さんのツモ牌は4m 44456m444r56p456sの4面張(ダブル両面)で追っかけリーチ。結果かずまさんが7pを一発でつかみ、 高橋さんリーチタンヤオドラ7の16000を和了。勝負あり、かと思えた。
しかし、南3局に西さんが満貫をツモり、 高橋50100・西34300・大澤10300・かずま5300の並びでオーラスへ。
オーラス親の西さんのまくり条件は4000オールツモか9600以上直撃、 かずまさん大澤さんの条件が役満になってしまったので実質的に一騎打ちとなった。
そのオーラス、高橋さんが早々と2向聴。その間に親番の西さんがドラの南を重ね、高橋さんが切った南を仕掛けて条件を満たす。その後高橋さんと西さんがお互い優勝への1向聴となるが、先にテンパイを入れたのは西さん、待ちは2s8sを切っている中スジのカン5s。高橋さんはなかなかテンパイが入らず、78sを持っているところに5sを持ってくるがツモ切りし、万事休す。優勝はひまわり代表の西さんとなった。

西:46300
高橋:38100
大澤:10300
かずま:5300


参加代表者PLAYER’S INTRODUCTION


協賛店舗SPONSOR’S INTRODUCTION