店舗ログインページ

雀荘・麻雀検索 雀サクッ│大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索

雀荘・麻雀検索「雀サクッ」大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索
新規会員登録 サイトのご利用方法
麻雀・雀荘検索「雀サクッ」トップページ 何切る問題 求人情報 全国イベント情報 広告掲載について 麻雀リンク お問い合わせ

むこうはげの麻雀四方山(よもやま)話

⑩七対子のお話
ひとーつ!人より早仕掛け! ふたーつ!ふらふらテンパイはずし!
みっつ!鳴いてもイーシャンテン な芦高ショーゴでございます。

競技関係者での席でルール、点数の話になって「七対子」の表記はどれが本物?って話になったんですよ。
それでちょこちょこネットで調べてみるとと、「七対子」の算出方法がまちまちでアップされてるんですね。

例えば

「七対子」は25符計算。


なんてのがあったんですよ!
なんすかね? これって。 連底ってことですか?
連底なら一の位切り上げだから30符ってことですか?

また、

「七対子」は2翻役ですが計算時は1翻50符とします。


じゃあ、複合でリーチ一発タンヤオが付いても6400なの?

なんじゃそりゃ?
麻雀の約束ごとをふまえると1600とか2400とか出ないんですよね。

ここで芦高、ほぼ公式的な表記をしましょう。

「七対子」は散家1600点、荘家2400点で2翻のアガリ役扱い。



はい、これだけ!これだけで十分です。

「七対子」はもともと無かった役だったので、使われはじめた当時100点とされていたらしいです。
それが、場ゾロの導入に伴い、
100点×場ゾロ(2の2乗)=400点
となりますから、
散家4倍=1600点、荘家6倍=2400点
と今の点数が出てきたわけです。

ですから、計算方式は例外で存在せず、複合する場合は2倍、4倍してやればいいのです。(3つ以上複合する場合は満貫以上が適用)

ですから、符は関係なく、

「七対子」は散家1600点、荘家2400点で2翻のアガリ役扱い。



と覚えてください。

そうすれば、麻雀の約束ごとで矛盾が起こらないでしょ。

ただ、若手競技関係者は知識として由来ぐらいは知っといてくださいね。

くだらない話をしてすいません。

それでは、アディオス!