店舗ログインページ

雀荘・麻雀検索 雀サクッ│大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索

雀荘・麻雀検索「雀サクッ」大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索
新規会員登録 サイトのご利用方法
麻雀・雀荘検索「雀サクッ」トップページ 何切る問題 求人情報 全国イベント情報 広告掲載について 麻雀リンク お問い合わせ

むこうはげの麻雀四方山(よもやま)話

⑪槓(カン)ドラの開けるタイミング
-芦高さんは、何歳ぐらいからそうなんですか?-

「それは、頭の事? どうでもいいだろ!

ちなみに25くらいから! ほっといて!」


どうも、この手の質問はお酒の席だけにしといてね。 芦高ショーゴです。
まあ、麻雀に関係無い質問は置いておいて、先日メールにて質問されました。

-「カン」の時、新ドラを開けるタイミングと表示のやり方はどれが正しいの?-
-また、「チャンカン」アガリがあった時、新ドラは開けるの?-
-「カン」の時の表示の仕方は?-


なんてのをいただきましたので、お答えしましょう。

まず、「カンドラの開けるタイミング」ですが、これは「カン」の発声と、牌4枚開示があり「カン」の行為が確認されれば「カンドラ」を開けます。
また、「ポン」した後、ツモってきての「加カン」の場合は、「チャンカン」でのアガリが無いと確認できれば、ドラを開けます。 
ですから、「チャンカン」アガリが発生した場合、新ドラは開けません。

「カン」の行為の前にアガリがあるという解釈です。
「カンドラは即乗り」とルールは「カン」が成立すればという事になります。

余談ですが、「一発」役と「チャンカン」役も重複するのです。

これは、「カン」の発声で「一発」が消滅するようにみえますが、「カン」の行為が成立しないので重複するということです。
ですから、「カンドラ」「カン裏」も発生しません。

一般的にはこのように定義されていますが、ハウスルールでは確認が必要でしょう。

次に「表示の仕方」ですが、「暗カン」、「明カン」、「加カン」と3種類あって、
「暗カン」の場合

「明カン」の場合

「加カン」の場合

となっています。

「明カン」と「加カン」の区別をするためです。

ざっと、こんな感じですかね。
他にもご質問等ございましたらおよせください。

それでは今回このへんで、アディオス!