店舗ログインページ

雀荘・麻雀検索 雀サクッ│大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索

雀荘・麻雀検索「雀サクッ」大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索
新規会員登録 サイトのご利用方法
麻雀・雀荘検索「雀サクッ」トップページ 何切る問題 求人情報 全国イベント情報 広告掲載について 麻雀リンク お問い合わせ

むこうはげの麻雀四方山(よもやま)話

⑬とある出来事-1

この前、行脚で麻雀打っていて、ツモアガった時に言われた一言。

「その手でリーチしないんですか?」

その時の打点は、ツモ、ピンフ、ドラの700、1300。
牌姿は
 ツモ  ドラ

みなさんはどうしますか?
「タンヤオの振り替わりしか無いし、ダイレクトにツモったら損だから。」
なんでしょうね。
それでいいと思いますよ。

でもたまに見ませんか?
アガった牌までに、振り替わりやドラを引いて、リーチしなかったら凄いことになっていた。
もしくは、
振り替えれる牌で放銃した。
なんてことが。

私はそういうのが嫌なので、その時はリーチをしなかったのです。
結果はダイレクトにツモってしまいましたが・・

リーチする時もありますよ。
どういう時? ですか?
それは、「アガリが近くにありそうな時」「リーチ宣言をして他家の進行を遅らせたい時」
「何も考えて無い時」他にもいろいろあるんですが、ざっとこんな時ですかね。

麻雀はメンツや場所、点数状況、コンディション等、いろいろな要因が毎回違うので、
「すべての状況を冷静に判断し、その状況に最適な対応する」
が理想なんです
リーチひとつでも選択はいろいろある訳で・・

「ハゲの親父が偉そうな事言ってるけど、出来るのか?」
私はまだまだです。解らない事がいっぱいですから、努力はしてますが。

なにからしくない文章になってしまいましたが、こんなのもありじゃないですかね。

どこかで、私の麻雀を見かけたら、観戦してください。
多分、面白い事してますよ。 ただ、へらへら打っている時は何も考えていませんのであしからず。

今回はこのへんで。