店舗ログインページ

雀荘・麻雀検索 雀サクッ│大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索

雀荘・麻雀検索「雀サクッ」大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索
新規会員登録 サイトのご利用方法
麻雀・雀荘検索「雀サクッ」トップページ 何切る問題 求人情報 全国イベント情報 広告掲載について 麻雀リンク お問い合わせ

むこうはげの麻雀四方山(よもやま)話

⑯初心者の練習方法(追記)

どもども、芦高です。

前回の練習方法について、

「簡単に書きすぎ! もう少し詳しく!」

なんてご指摘のメールをいただいたので、補足を。

7枚で練習する時、使用するのは1色(マンズ、ピンズ、ソーズのいずれか)を抜いた100枚。

○テンパイするまで、もしくは17巡まででツモを繰り返す。

○役は一切考えず、受け入れの多い選択をとる。

○テンパイ、17巡まで行ったら、捨牌を見て選択間違いが無かったかチェックする。

上記の3点を念頭に入れ練習します。

例えば



なんて2シャンテンの牌姿にが来たなら、を。

7枚での練習ですし、雀頭なら後からでもできるはず、ただし



みたいに好形のイーシャンテンは別です。
目標は好形のイーシャンテンからのテンパイを作ることなんです。

ゲーム等では、役を作ってアガリにする事が大事なんですが、練習ですのでここでは2シャンテン以下の形の字牌の雀頭は切る。

何を偉そうにとお思いでしょうが、ちょっとやってみてください。
きっと初心者の方の練習になるはずです。

追記みたいになってしまいましたが、今回はこの辺で。

では。

2009/06/24