TOP

雀荘検索

イベント情報

求人情報

雀荘クチコミ

雀荘クーポン

麻雀ニュース

麻雀大会申込

大会スケジュール(β版)

広告掲載について

HOME

雀荘検索

イベント情報

求人情報

雀荘クチコミ

雀荘クーポン

麻雀ニュース

麻雀大会申込

麻雀何切る

麻雀どうする

雀荘をお探しなら雀荘検索サイト[雀サクッ]

全国の雀荘をサクッと検索 雀サクッ

特報!自宅にいながらお金を賭けて麻雀ができる、DORA麻雀とは?!

第17回:久々に「DORA麻雀」トーナメント参戦してみたらやっぱり『超オトク』だった件

前回の内容
第16回:「DORA麻雀 戦術研究シリーズ第4弾」「とりあえずポン」のススメ
DORA麻雀

 皆さんこんにちは、「DORA麻雀」大好きライター・Hです。本格的な夏は目前、いよいよ暑くなってきましたね。

 夏といえば、海、プール、山、キャンプ、花火、そして…「DORA麻雀」の季節。もちろん屋外のレジャーも楽しいんですが、 日中外を出歩くと、熱中症や脱水症状など生命の危機すら感じるのが昨今の日本の夏。真面目な話、心身の健康を保ちながら日々を楽しく 過ごすには、インドアでどれだけ充実した趣味を持てるかが重要な時代になってきたように感じます。
 という訳で、夏は「DORA麻雀」!まあ私の場合、春も秋も冬も全部「DORA麻雀」なんですけど。


久々のトーナメント参戦

 さて、以前「第10回:DORA麻雀で多数開催!トーナメントの楽しみ方」( https://jan39.com/doramahjong/10/ )でお届けしたように、 「DORA麻雀」では通常の対局(「プレイ」タブ)以外に「トーナメント」というものが存在します。ログインした時点では対局ロビー画面ですので、 上部のタブで切り替えてください。

DORA麻雀01
▲対局ロビー画面(「プレイ」タブ)

DORA麻雀02
▲「トーナメント」画面

今回は、先日行われた「七夕トーナメント」というのに参加したレポートをお届けしてみたいと思います。なんと参加費はたった$7で、賞金総額は$777!その内訳は以下の通り、上位3人は$100以上という大盤振る舞い、15位まで賞金がもらえます。

1位:$200 2位:$150 3位:$100 4位:$50
5~12位:$30 13位:$20 14位:$10 15位:$7


DORA麻雀03

 しかもこの画像にあるように、「公式LINE」で友だちになって申し込みをすると、抽選で参加費$7が全額返金されるのです。私は幸運にもこのプレゼント対象となったので、実質無料でこの大会に参加できることになりました。これは嬉しい!

 参加者は92人とのことで、なんとか賞金圏内の成績を目指したいところです。ちなみに参加費$7を払っても、賞金総額が$777なので期待値は十分プラスですよね($777/92=$8.4)。

DORA麻雀04

 ちなみに「DORA麻雀」LINE公式アカウントはこちらから友だち登録できます。このようなオトクな情報やトーナメント  開始前のご案内が随時送られてきますので、「DORA麻雀」プレイヤーは登録をお勧めします。

DORA麻雀を今すぐプレイ


見事な逆転勝利で初戦突破!

DORA麻雀05

 意気揚々と迎えた、1回戦の1局目。通常の対局と違い、「東風戦」ではなく「4局戦」で親の連荘がないので、序盤の大きな失点は命取りになります。とはいえ1着条件の勝ち上がりなので、攻守のバランス・押し引きの見極めがかなり難しいルール…まあ、基本は普通に攻めることになりますね。 上家の4巡目の超速リーチに受けているうちに、対面の親の追っ掛けリーチも入って絶体絶命。さあ困った…という暇もなく、すぐに親が南家に放銃。2,600点の横移動で済みました。 下手に真っ直ぐ攻めていると恐らくカン5萬で追っ掛けリーチを強いられていたでしょうし、1着条件の4局戦ではリーチ棒の1,000点もノーテン罰符の1,500点も貴重なので、これはラッキーな結末かもしれません。

DORA麻雀06

 2局目はをポンしている対面に2つ目の仕掛けが入った時点で、生牌の発を引いてほぼギブアップ。親の最終手出しが5筒なので、ここで裏スジの9筒切りは一見危なくも見えますが、序盤に8筒・2筒を切っていてのドラ5筒手出しは、ほぼ「マタギ筋待ち(36筒か47筒)」か「くっつきテンパイでドラにくっつかず他の色待ち」のどちらかでしょう。「4556788から8筒先切りで、最終的にドラ切りで45678筒の三面張」パターンもあるにはありますが、その場合かなりの確率で下家の5巡目9筒が鳴けているはずです。ここは9筒を通しておいて、西のトイツはこの後の安全牌として取っておきます。 …とやっていると、すぐに下家が対面に放銃。中途半端に面子手の2シャンテンも残して粘っていると8萬放銃の可能性もあったので、これも良い横移動ですね。

DORA麻雀07

 我慢を重ねて迎えた親、捌きづらそうではありますが、ドラトイツのチャンス手です。ドラ表示牌がネックになる三色はあまり見ず、タンヤオ・役牌・チートイツ、そしてリーチを見て進めましょう。そのなかでは受け入れが少ないチートイツを見切って、白を残しての1筒トイツ落としもありますが、リーチを考えると「113筒」の部分は手を掛けられず、字牌切りが正着でしょう。

DORA麻雀08

 7巡目で6筒ポンして一歩前進、これで一応5ブロックの種はできましたが、索子2ブロックと固定するのはアガリ率を下げてしまいそう。ドラは自分が2枚持っているので、ここは攻めの一手。3筒に4や5がくっつけば4索を切って、受け入れを常に最大にして行きましょう。

DORA麻雀09

 その後4萬を引いたので3筒と入れ替えて、8萬を引き戻したので4索をプッシュ。

DORA麻雀10

 最終盤16巡目に8索を引いてようやくテンパイ、9萬だと役無しですがハイテイも含め上がりの可能性はそれなりに追えそう…と、ほどなく3萬が出ての5,800点アガリ。一気にトップ目に立ってオーラスを迎えます。

DORA麻雀11

 オーラス、配牌は3シャンテンとなかなか。カン5萬を引くか、あとは役牌の東か北を重ねられるかの勝負になりそうです。 チャンタも見えますが、1局勝負で打点の制約がある場面だけに、ドラ4萬を切って下家にチーされても他家にポンされても致命傷になりそうで、ここは切らない方向で進めましょう。

DORA麻雀12

 ドラ4萬を重ねて、他家の打点が上がらないのは好材料ですが受け入れは手狭になった印象。さらに6索を引いてイーシャンテンになったので東を切り出すと、親にポンされてしまいます。5萬の早切りが455からでドラを1枚持っているとすれば意外とピンチ(5,800直撃だと同点で、同点は上家優位ではなく抽選というルール)なので、先に6萬を通しておいたのが少し嬉しい材料です。

DORA麻雀13

 ドラ4萬を暗刻にして、他家が3翻以上の手を作るハードルが高くなったところで、もう腹をくくってのリーチ。1,200点差の上家は俄然逆転の可能性が膨らみますが、こちらも1萬と1索という絶好の待ちで、役無しをダマにしておく訳にもいきません。幸運にも、下家からすぐ1萬が出てのアガリ。 裏も乗って跳満で結果は圧勝となりましたが、牌譜を見てみると下家が中を切っていれば上家がポンしてカン3萬でテンパイ、山には3枚残っていたのでほぼ互角の巡り合いになるところで、まさに薄氷の勝利でした。 さあ、まずは1つ勝ち上がり。目指すは優勝、まだまだガツガツ行きますよ!

DORA麻雀を今すぐプレイ


え、これで終わり?!しかし…

DORA麻雀14

 2回戦の1局目、配牌で789三色が見えるなかなかの好形でしたが、4枚目の9萬しぶしぶチーから入って、2副露したもののテンパイにすら至らず。 親のタンヤオのみ1,500点の横移動でスタートです。

DORA麻雀15

 2局目は早々にブロックの種が揃ったものの、手が伸びないまま再度の横移動。さっきアガった上家がさっき振り込んだ下家に2,000点振り込んで、こちらとしては好都合な結果になりました。

DORA麻雀16

 3局目でようやくテンパイにたどり着きますが、67筒56索で先にアタマができてほしいところで、両面が入っての仮テン単騎テンパイ。その瞬間に上家が対面に2,000点の振り込みで、3局連続の小物手横移動となりました。

 ここまで自分だけまったく参加しないまま(オリてた訳ではなく、偶然ですが)、迎えたオーラス。溜まった運気を爆発させるのは、ここだ!…と希望的観測を膨らませます。

DORA麻雀17

 ポン・チーと仕掛けて、5巡目に早くもカン2筒でテンパイします。 トップ目の親(対面)とは2,000点差。東のみ1,000点直撃だと同点ですが、300/500だと届かない…というところで、1筒を引いてシャンポン待ちに変更。こうしておくと1筒ツモでテンパネの400/700になり200点差逆転するので、トップ取りのルートが拡がります。

DORA麻雀18

 直後にドラの発をツモ、これが生牌ならば勝負のツモ切りですが、1枚切れで合わせ打ちもないので、残りは山にいる可能性が高いと見て、悩みましたがここでテンパイを崩してみました。残り1枚の1筒は対面も下家も持ってなさそうなだけに、正直この決断は微妙ですが…1筒ポンできれば発単騎はどこからでも出アガリ可なので、敢えてこうしてみました。

DORA麻雀19

 その後テンパイし返すこともなく、下家のリーチに上家が一発で振り込んで終了。 最終的に、1筒も8萬も発も残りは全山のままで、どう転んでもアガリはなかった模様。消化不良のまま、久々のトーナメントは終幕を迎えました。

DORA麻雀を今すぐプレイ


まとめ

 …え、これで終わり?!
はい、終わりなんです。結果は1回戦トップ、2回戦3着であっけなく終了。 しかし初戦クリアしたのが24人、2戦目は原点キープで終了したので、結果はなんと…トータルで15位入賞を果たせました!

1位:$200 2位:$150 3位:$100 4位:$50
5~12位:$30 13位:$20 14位:$10 15位:$7

15位までが賞金獲得圏、ギリギリの入賞です。

DORA麻雀20

 翌日には賞金の$7と、参加費返還分の$7、合わせて$14の入金がありました。これは嬉しい! 幸運なトップと、消化不良の3着。完敗気分で入賞は諦めていたのに、たったこれだけで$14ももらえるなんて、まさにトーナメントさまさまです。 高額賞金トーナメントは普段はもっと参加者が多いのに、たまたま少なかったのも幸運でした。そう考えるとここであまり宣伝したくはないんですが…でも読んでくださっている方には、このオトクさをどうしても伝えたい!そう思って、2戦で終わりの冴えない結果でしたがレポートしてみました。

今後もトーナメントの予定は、バラエティに富んで目白押しです。冒頭のトーナメントページだけでなく、お得なトーナメントの詳しい内容はこの「お知らせ」ページ に随時掲載されていますので、ぜひ覗いてみてください。
https://doramahjong.com/news/

暑い夏は、熱い「DORA麻雀」で、サイフも厚く!


DORA麻雀を今すぐプレイ