TOP

雀荘検索

イベント情報

求人情報

雀荘クチコミ

雀荘クーポン

麻雀ニュース

麻雀大会申込

大会スケジュール(β版)

広告掲載について

HOME

雀荘検索

イベント情報

求人情報

雀荘クチコミ

雀荘クーポン

麻雀ニュース

麻雀大会申込

麻雀何切る

麻雀どうする

雀荘をお探しなら雀荘検索サイト[雀サクッ]

全国の雀荘をサクッと検索 雀サクッ

特報!自宅にいながらお金を賭けて麻雀ができる、DORA麻雀とは?!

第5回:目指せ大物手!役満達成でボーナスゲット!?

前回の内容
第4回:三人打ち麻雀で勝つ!DORA麻雀でのテクニックを大公開! DORA麻雀

皆さんこんにちは!
「DORA麻雀」大好きライター・Hです。

前回( https://jan39.com/doramahjong/4/ )は「DORA麻雀」のルールを意識した細かい戦略や心構えに関してお伝えしましたが、今回は逆に細かいことは抜き!ただひたすら大きい手を見ていきたいと思います。

三人打ちが大ブームの「DORA麻雀」ですが、ご存知の通り三人打ちは四人打ちに比べて牌の種類も少なく打点が高くなりやすいゲームなので、実際に大物手に遭遇する場面も多くなります。そして順位取りゲームであると同時に素点も大事なルールの「DORA麻雀」では、大物手をモノにする頻度が収支に大きく関わってきます。
そして「DORA麻雀」では、定期的に役満をアガると早い者勝ちでボーナスがもらえるキャンペーンも行われています!

つまり大物手は単に見て愛でる趣味の”花火”ではなく、戦いを有利にする実益を伴った”武器”なのです。
これをしっかり意識して、必要な時には一撃必殺を目指してみましょう。


国士無双狙いの基準は配牌「九種九牌」?

四人打ち麻雀では、配牌で「九種九牌」ありかつ他家がアガらなかった場合、流局までに国士無双をテンパイする確率は20%程度と言われています。
三人打ちでは牌の種類が少ないぶんこれよりテンパイ確率は上がるので(但しこれは他家がアガらない場合なので、他家の手も平均して速くなる三人打ちでは関しては実戦でのテンパイ率・アガリ率は大きく下がる場合が多い)、「九種九牌」ならば国士無双を狙うのが一つの基準になりそうです。

DORA麻雀01

ゲーム開始直後にもらったこの配牌は「八種九牌」。
前述のボーダーには一つ足りませんが、この手牌は普通の面子手に向かっても6シャンテンという奇跡の(?)悪配牌。
仕掛けて進めるにしても、唯一の足掛かりである役牌の「白」がドラ表示牌で、これが王牌(ワンパイ)にでも眠っていれば万事休す。いや、ここまで悪ければラス牌の白が出てもスルーして、安牌として持っておくべきでしょう。

という訳で、どうせオリを念頭にするならば、白のみや無理矢理のチャンタ・ホンイツなどよりも、スパっと国士無双に向かってみるのが良さそうです。

DORA麻雀02

まったく迷彩も考えず、真ん中の牌から切り飛ばして一目散に国士無双へ進んでいると、8巡目に南家から「リーチ」。
この時点で国士無双の2シャンテンなので、そのまま突き進むか豊富になる安牌を使ってオリに回るか、ちょうど難しいところです。
「いや難しくねーよ、自分が持ってない北が既に3枚抜かれてるんだから、黙ってオリろよ!」という声も聞こえてきそうな状況ですが、しかしリーチの捨て牌は強く、通っていない数牌の両面の筋だけをカウントしてもまだ9本が残っている状況。つまり無筋を打っても1本目ならば当たる確率は1割程度にしか過ぎません。
そして東風戦で東1局に振り込んでしまうと他家2人に「ラス候補」として封じ込められてしまうこともありますが、子のリーチに振り込んでもまだ傷は小さく、自分の親も残っているのでドラの発も切れているこのリーチなららば戦う選択肢もありそうです。
…なんて長々と言い訳しましたが、すみません、シンプルに勝負したかったんです(笑)。

DORA麻雀03

リーチ一発目に無筋の8索、次巡に現物の3索、そしてその次巡にはまた無筋の8筒。
念願の「北」を引けましたし、この時点でまだ筋は8本残ってましたから、国士無双1シャンテンならばとラフに押してみました。

DORA麻雀04

その後は中筋の4索、現物の2筒を切って、無筋は全く打たずに見事テンパイ。こうなったらイケイケです。

DORA麻雀05

ほどなく親から、リーチ現物の9筒が出て国士無双アガリ。
まあ今考えれば一発目は2枚持っている白を一旦外す方が良さそうですが、それはともかく「配牌九種九牌」を下回っていてもケースバイケースで国士無双狙いが有効という好サンプルだったと思います。
具体的には、「配牌で八種あって国士無双以外が遠いならば、国士無双狙いが良い」と提唱しておきます。

DORA麻雀を今すぐプレイ


案外低い国士無双のハードル、しかし他家のスピードには敏感に

DORA麻雀06

こちらの配牌は面子手の4シャンテン。
しかもドラ表示牌のペンチャンがあり、仮にそこが埋まっても現状はリーチドラ1の3,900点しか見えていません。
親なので、抜きドラ「北」でも引けば他家にプレッシャーを与える手に育つ可能性もありますが、現状はむしろ親被りで暫定ラス目になる方が濃そうな気配です。

DORA麻雀07

という訳で、なんと「七種」しかないところから、無理を承知で国士無双狙いで進めてみます。
スイスイと手は進み、なんとあの手牌から9巡目でテンパイ。
1巡目に2枚ある1筒を切り、2巡目でドラ8筒も切り、七対子の可能性も残さなかったのはちょっとやり過ぎの気もしますが、退路を断っての国士無双一本狙いが幸運にも上手く行きました。実に9巡のうち6枚が有効牌だったという計算になりますね。

調子に乗ってリーチまでしてしまいました。
早いドラ切りで七対子の可能性が下がっているぶん国士無双とバレる可能性は高く、リーチの是非は微妙ですが、他家が東を1枚ずつ切っておりほぼ間違いなく残り2枚が山にあることから、むしろ他が手を回してくれればツモアガリのチャンスは増えるかもしれません。また国士とバレても待ち牌は読み切れず、勝負に行けば一度切っている東はツモ切るしかないでしょうから、場合によっては出アガリも望めるのではないでしょうか。

DORA麻雀08

やっぱりダマだったかな?と迷う暇もない間に、なんと一発ツモ。
ツモ損があるルールなので48,000点とは行きませんが、親の役満は16,000オールで32,000点の収入です。

まあこれはかなりのレアケースですが、「どうせつまらない手(安いor遠い、或いはその両方)ならば、七種からでも狙う手がある」というのは一応頭に入れておきましょう。
但し2段目の前半(7~9巡目)には最初のテンパイ者が現れるゲームというのも意識しつつ、中盤までにまとまらなければ早々にオリへと舵を切るのも忘れないように。

DORA麻雀を今すぐプレイ


悲喜こもごもの役満日記

DORA麻雀09

こちらは6種7牌、流石に国士無双は無理ですね。
ドラ「発」も活かしてのメンホンチートイの3シャンテンと見るのが妥当でしょう。

DORA麻雀10

しかしなんと、1巡目に中、そして2巡目に発を引いてきました。
メンホンチートイドラドラの1シャンテンではありますが、やはり大三元が狙いたくなります。

DORA麻雀11

ほどなく対面から中が鳴け、そして下家の親からドラ発も鳴けました。
そして…

DORA麻雀12

直後に親から白も鳴けて、さらに2筒での出アガリ。
そんなバカな?!という感じですが、序盤から三元牌3種ともトイツなんて都合のいい話はない、むしろ切るなら今のうち、という心境はよく分かります。微差で競っている親は特にそう考えるはず。
得点状況や他家の心情も味方しての、かなりラッキーな大三元でした。

DORA麻雀13

続いてこちらはダンラス15,200点持ちで迎えたオーラス。配牌でドラが暗刻ですが、跳満直撃でも2着にすらならず。
下家ならば倍満以上・対面ならば三倍満以上の直撃が必要で、しかもトップになるには対面からの役満直撃のみ、というかなり厳しい条件になっています。

DORA麻雀14 DORA麻雀15

1枚スルーした1萬を3巡目に引き入れ、これはかなりの好感触。
なんと5巡目に早くも三暗刻ドラ4をテンパイ!そして直後に当たり牌の8筒が!!
…しかし跳満直撃でも2着にすらなれないのは、最初に確認した通り。
グッと歯を食いしばって、音速でスルーします。

DORA麻雀16

すると8巡目、待望の5筒が…!
無駄にドラ5枚もある四暗刻単騎、なんと役満直撃のトップ条件ができました。
ツモスーならば直撃はできない四暗刻が、このタイミングで最高の単騎になるとは、なんというドラマ!
テンパイ打牌の7筒をポンされて、9筒待ちはこの上なく絶好に見えます。するとその直後に…

DORA麻雀17

あれ、ツモってしまいました。

DORA麻雀18

四暗刻単騎はダブル扱いではないので、ツモだと親被りさせても2着まで。
そうは上手く行かないか…って、ダンラスのオーラスで役満アガって2着なんだから十分上手く行ってますね。
贅沢言っちゃいかん。

DORA麻雀19

さて、続いてこちらは東1局の手牌。6巡目にゴキゲンな先制リーチを打ったところです。
入り目が赤5筒、しかも3巡目に7索を早切りしているので高め一気通貫の9索が出やすそうなオシャレリーチ。
もはやこのゲームは頂いた!ワハハハハ!!

しかし…

DORA麻雀20

実はこの時、対面の親が密かに国士無双をテンパイしていたのです。
しかも私のリーチの直前に9索をツモ切るというタイミングの良さ。そして…

DORA麻雀21

8巡目、私のアガリ牌9索をつかんだとことで、2枚切れの9萬を切ってリーチ。
ここで9萬と入れ替えるのは当然ですが、どうせリーチするならすぐに追っ掛けてくれてればこの9索をツモ切って私がアガってたのに…いやホント、この対面さん”神”ってますね。

DORA麻雀22

そりゃ私が一発でつかみますわ。開局直後に、遥か彼方までトビました。
リアルタイムでは納得いかない!とブチ切れてましたが(笑)、この牌譜を見てもう震えましたね。
戦略バッチリでタイミング完璧、お見事です!!

DORA麻雀を今すぐプレイ


まとめ~大物手は「DORA麻雀」の華、存分に楽しみましょう!

冒頭から戦略っぽいことを書き連ねましたが、そんなことを抜きにしてもやっぱり大物手は派手で楽しく、アガると最高に気持ちいいですよね。
特に「DORA麻雀」では月1回のペースで「速攻役満キャンペーン」(詳しくはこちら→https://doramahjong.com/news/8393/ )を実施してボーナスをバラまきまくってますので、余禄も楽しめる仕様になっています。是非チェックしてみてください。
最後に役満に関する注意点を2つほど。

[注意1]役満と数え役満、表示は両方出ても点数は重複しない

DORA麻雀23

ドラ暗刻のツモスーリーチ!
出アガリでも倍満確定の超ド級…と思ってたら、すんなりツモ。しかもなんと、裏ドラ7枚!!
アガリ役表示エリアには「四暗刻」「数え役満」の2つの文字が…
あれ、ひょっとして重複するの?!と一瞬思いましたが、当然のシングル役満。子のツモアガリは8,000/16,000で24,000点の収入。重複しないので注意してください。
これ、出アガリの「リーチ・三暗刻・トイトイ・ドラ3・抜きドラ(北)1・裏ドラ7」の数え役満で32,000点の方が大きかったんですね…でもアガれただけでラッキー、贅沢は敵です!

[注意2]残り僅かから役満に振り込んでも、支払いは卓表示の規定額のみ

DORA麻雀24

残り2,200点のダンラス、しかし親なのでひたすらアガリに向かうのみ!
というところで、やけに早いロンの声。あー、トンじゃったかなあ、と思いつつ開かれた手を見たら…

DORA麻雀25

まさかの国士無双…マジカヨ…ハヤイヨ…
と大いに凹みましたが、支払いは卓既定の額(「$16/&32」ならば$32)のみ。安心安全のシステムですね。
(上記画面はリプレイなので支払額は「0」になっています)
これは逆に言えば、トップ目から言えば32000点をアガりながら、収支で言えば私の持ち点(この場合は2,200点)分しか実入りが増えていない、ということですよね。かなり損です。
まあだからと言って、トビ寸前のダンラスからは見逃すというのもリスクがあるので結局アガるしかないんですが、豆知識程度に頭に入れておきましょう。

という訳で、今回は役満に始まり役満に終わるレポートになりましたが、たまにはこういうのも良いですね。
皆さんも激しく楽しく、「DORA麻雀」を楽しみましょう!!

DORA麻雀を今すぐプレイ