TOP

雀荘検索

イベント情報

求人情報

雀荘クチコミ

雀荘クーポン

麻雀ニュース

麻雀大会申込

大会スケジュール(β版)

広告掲載について

HOME

雀荘検索

イベント情報

求人情報

雀荘クチコミ

雀荘クーポン

麻雀ニュース

麻雀大会申込

麻雀何切る

麻雀どうする

雀荘をお探しなら雀荘検索サイト[雀サクッ]

全国の雀荘をサクッと検索 雀サクッ

特報!自宅にいながらお金を賭けて麻雀ができる、DORA麻雀とは?!

第8回:格段に遊びやすくなったDORA麻雀、これを読んでみんなもDORA麻雀をPLAYしよう♪

前回の内容
第7回:期待値プラス間違いなし!DORA麻雀のトーナメントに参加してみた DORA麻雀

皆さんこんにちは、麻雀大好きライター・Hです。
「DORA麻雀」に魅せられてはや半年。自分の周りの友人知人には折に触れてこの楽しさ・手軽さ・便利さを勧めて来ましたが、このたび記事を見て「DORA麻雀」に挑戦してみたという方からサイト宛に感謝のメールをいただきました。

折角ですので、ご本人の許可を得て文章を転載させて頂きます(一部加筆修正ご本人承諾済み、画像も追加で送っていただきました)。


[ユーザーMさん投稿]念願の初参戦・初トップ!

はじめまして、Mと申します。
「DORA麻雀」のレポートを読んで、これならば私でもお小遣いの範囲で十分楽しめるな、と思い立ってはじめてみました。まずは「$0.5/$1」という練習卓へ。

DORA麻雀01

細かいアガリの応酬で、親で2,600オールをツモったリードをそのまま保って迎えたオーラス。
このまま行けば初トップですが、どちらに満貫を振り込んでもラスになるという微妙な差。そんな状況で、幸運にも4巡目にして四暗刻2シャンテンという整った手牌になっています。
5巡目(上の画像)に3筒を引き、今度は清一色の2シャンテンへ。自分は南家なので、ドラの西は1シャンテン以降で切りたいとここから4索に手を掛けましたが、全員前に出る状況ではトイトイの仕掛けや七対子も残しつつ素直に西からで良かったかもしれません。

DORA麻雀02

その後手牌は順調に進み、9巡目に148筒待ちで清一色・赤1・北(抜きドラ)2をテンパイ。ちなみにドラの西は、下家の西家が先に切ってくれたのでスムーズに離せました。
捨て牌もそこまで派手ではないですし、特に1筒はどちらが掴んでもすぐ切ってくれるのでは?
…そんなことを考えていると、対面の親からリーチが入ります。

DORA麻雀03

12巡目に赤5筒ツモ。テンパイ維持のための打牌は1・2・4・5・7・8筒とたくさんありますが、待ちの枚数では8筒切りの1245筒待ちが最大…と思ったら、なんと2筒がフリテン。そうか、9巡目で2筒切りの148筒待ちではなく、8筒切りの125筒待ちにしておけばツモアガリだったんだな、と気付きましが、まあそれは結果論でしょう。
フリテンでも4メンチャンならば勝負する手はありそうですが、実は待ちはたったの5枚。ならば2筒の壁でほぼ安全な1筒切りで36筒待ち(最大5枚残り)か、安全かつ目立たない2筒合わせ打ちで18筒待ち(最大3枚残り)か、の選択になりそうです。ちなみにこれが”ご祝儀”のあるフリーならば、数え役満になる7筒切りも勝負する価値がありそうですね。
私の選択は上の画像のとおり、打2筒で18筒シャンポン待ち。36筒待ちに比べて見かけの待ちは2枚減るものの、他家が使えない1筒を待ちにすることにこだわってみました。

DORA麻雀04

結果は狙い通りの1筒出アガリで、三倍満24,000点。
牌譜を見ると36筒待ちでも18筒待ちでも残り1枚しかないという、スレスレのアガリでしたね。ちなみに8筒切りだと対面の親リーチに振り込んでいました。
こうして幸運にも初参戦で大トップが取れて、私の「DORA麻雀」ライフは上々のスタートを切りました。

DORA麻雀を今すぐプレイ


[ユーザーMさん投稿]早々に来ました初役満! 2週間で○○ドルのプラス収支!

DORA麻雀05

早速「$4/$8」卓にレートアップして、2戦連続2着とジリジリする展開で迎えた3ゲーム目。
トップ目とは10,200点差・2着目とは4,600点差と、ラス目ながらサンマ(三人打ち)の打点の高さを考えればワンチャンスでトップまで狙える位置でオーラスを迎えました。
しかし…満貫・跳満が欲しい状況でもらった配牌は画像のとおり、面子手なら7シャンテン・七対子なら6シャンテンという悪夢のような牌姿。通常この点差ならば狙わない国士無双が3シャンテン(2枚の北のうち1枚を抜いたので一瞬4シャンテンに下がってますが)なので、ここはしぶしぶ国士無双を目指すしかありません。

DORA麻雀06

そして10巡目に見事国士無双テンパイ!…しかし直前に対面の親リーチを打たれています。
ここまで索子を8枚も切っているのでなんとか筒子染めに見えないものか、或いはドラ多めの七対子ぐらいと読んでくれればいいなと都合よく願いつつ(5索トイツ落としでそれもほぼ否定されそうですが)、思い切って追っ掛けリーチを敢行してみました。

DORA麻雀07

幸運にもリーチ者から一発で出アガリ!
見事逆転トップ、そして見事初役満を決めることができました。

その後は徐々にレートアップして、現在は「$16/$32」あたりが主戦場。毎晩少しずつですが、楽しんでやってます。

DORA麻雀08

収支は一進一退と言った感じですが、ご覧の通り$20で始めた資金が2週間でじわじわと50ドル以上も増えています。
この間もしフリー雀荘に毎晩遊びに行けばゲーム代だけで100ドルは使っている計算になりますし、交通費や往復の時間も必要になり、到底こんな収支は望めなかったでしょう。
このご時世いろんなリスクもありますし、個人的にマスクをしたままの対局は苦手なので、自室で自由な恰好で打てるのが何よりも気楽で良いですね。
「DORA麻雀」を教えて頂き、ありがとうございます!!

DORA麻雀を今すぐプレイ


遊びやすくなった「DORA麻雀」、優れている点ベスト5は?

以上がユーザー・Mさんからの投稿でした。恐るべき順応速度と”持ってる”対局ぶりでしたね。
改めましてMさん、ありがとうございます!

ところで、これまでのレポートをご覧頂いていた方の中には、前項のアガリ画面が従来のものと異なっていることに気付いた方もいらっしゃるかもしれません。その通り、「DORA麻雀」は仕様が以前とはバージョンアップしており、各画面がとても見やすく・遊びやすくなっているのです。

DORA麻雀09

対局待ちのロビーも上記画像のように、分かりやすく操作しやすくなっています。
是非皆さんも、リニューアルした「DORA麻雀」の楽しさを体験してくださいね。

今回投稿いただいたMさんに「他のネット麻雀に比べて『DORA麻雀』が優れている点ベスト5」をお聞きしましたので、列挙しておきます。

第1位:手軽にお金を賭けられる
第2位:懐事情や気分に合わせてレートが選べる
第3位:三人打ち東風戦が主流で超スピーディ
第4位:トーナメントや役満キャンペーンなど、賞金を伴うイベントが豊富
第5位:段位や称号などがないので、お互い先入観なく戦える

第4位のトーナメントやイベントについてはMさんはまだ未経験とのことなので、今後体験されましたら是非またレポートをご投稿頂ければと思います。また第5位の段位や称号については逆に物足りないと感じる方もいるかもしれませんが、Mさんと私との間ではプラスの面として一致しました。今後参加ユーザー数が増えて行けば、いろいろな意見を取り入れてオプションが増えて行くかもしれませんね。

最後に一つ、Mさんから「DORA麻雀」プレイ時の注意点として挙げられたポイントを書いておきます。
「DORA麻雀」では他のネット麻雀と同じく複数のテーブル(卓)に対局の予約を入れることが可能で、そのなかで最も早く面子(対戦メンバー)が揃った卓に案内される仕様になっていますが、ごく稀に2つ以上のテーブルで全く同時に面子が揃ってしまった場合、両方共に案内されることがあるのです。
運営側サポートデスクに確認してみたところ、1人で複数テーブル同時プレイが可能な仕様のため正常な挙動ということですが、2画面同時に開ける訳でもなく、両卓をずっと切り替えながらプレイするのは事実上かなり難しい(PCのスペックによっては負荷が大きく両方の卓で画面が止まってしまう場合もあります)と思われます。

DORA麻雀10

私も先日、全く同じ時刻に2つのテーブルに案内されてしまい(画像赤囲みの2つの時刻が同じ)、「$48」と「$32」が同時にデポジットされて手持ち金額の大半がなくなってしまいました(画面の黄色囲み)。さらに焦って2つのテーブルを切り替えようとした結果、テーブル画面は表示されるが牌が全く表示されなくなってしまい、一旦ログアウトして復帰するまでに大きな振り込みを繰り返し(自動ツモ切りになってしまいます)、手痛いマイナスを食らってしまいました。
という訳で、相当なPCのスペックと麻雀とマルチタスクのスキルをお持ちでない限りは、複数卓の予約は慎重になった方が良い、というのもMさんと私で一致した点です。

この点だけに注意すれば、前述の「優れている点ベスト5」を余すことなく享受できるのが「DORA麻雀」。
皆さんも注意する点は注意しつつ、とにかく存分に楽しんでください。そして「DORA麻雀」体験レポートもお待ちしております!

それでは皆さん、今後も楽しく「DORA麻雀」でお会いしましょう。

DORA麻雀を今すぐプレイ