パパ活で既婚者は慰謝料を取られる?請求ケースと対策を徹底解説!

「パパ活はお金を払っているから、不倫ではないのでは?」「既婚者でもパパ活してもいいの?」など、パパ活をするリスクについて、気になっていませんか?

パパ活はお金を支払って女性と遊ぶため、不倫ではないと思っている方は多いです。
しかし、既婚者がパパ活をして慰謝料を請求されることがあります。

安全にパパ活を楽しむためには「どのようなケースなら慰謝料を請求されるのか」リスクを理解した上で、対策を講じなければいけません。

この記事では、パパ活で既婚者が慰謝料を請求されるケースについて、対策を交えながら解説します。

最後まで読んで、慰謝料を請求されないように安全なパパ活を楽しみましょう。

 

今、会える人気のマッチングアプリ

ペイターズ(paters)
24時間以内のマッチング率が97%!パパ活ならペイターズ!

シュガーダディ(SugarDaddy)
登録男女比3:7!20代女性とパパ活するならシュガーダディ!

PCMAX
真面目〜アダルトまで幅広く使える老舗のマッチングアプリ!

★アプリは掛け持ち登録が楽しむ近道!

既婚者がパパ活すると不倫になる?慰謝料請求される?

既婚者がパパ活をすると、慰謝料を請求されるのか知らない方も多いでしょう。

パパ活は表立って言えない、世間から疎まれる行為。

しかし、男女ともに合意の上で遊んでいるため、お互いが相手を訴えるケースは稀です。

既婚者がパパ活をして慰謝料請求されるケースは、配偶者から不倫で訴えられることがほとんど。
そのため、どのようなケースでは、パパ活が不倫と見なされるのか不倫の定義を知っておくことが大切です。

パパ活をしたい既婚者は、下記の不倫の定義について確認しておきましょう。

  • パパ活自体は不倫にならない
  • 大人のパパ活は不倫になる

パパ活自体は不倫にならない

パパ活自体は不倫になりません。

そもそもパパ活とは「富裕男性が若い女性にお手当(賃金)を渡してデートする、援助目的の交際」のこと。

基本的にパパ活の内容は、カフェや食事、ショッピングなどプラトニックな内容に限られます。

不倫の定義は「性的行為」の有無が重要です。

つまりエッチしていなければ、不倫になりません。

エッチしてなくても、個室のカラオケやホテルに入る写真を取られる、目撃されるなど「性的行為があったと推測される内容」があれば、慰謝料を請求される可能性が高いです。

そのため、プラトニックなデートしかしていないパパ活の場合は、既婚者であっても不倫になりません。

既婚者がパパ活をしても不倫にならず、慰謝料を請求されないことを理解しておきましょう。

大人のパパ活は不倫になる

既婚者がパパ活をしても不倫にはならないが、大人のパパ活は不倫と見なされます。

大人のパパ活とは、肉体関係ありの関係性、つまりエッチありのパパ活のこと。
金銭が発生しているパパ活でも、性的行為があれば不倫と見なされ慰謝料が発生します。

またエッチをしていなくても、キスだけの関係、添い寝だけの関係性である「ソフレ」でも不倫になる可能性が高いです。

ホテルや部屋に長時間滞在して、「性的行為に及んでいる可能性が高い」と判断された場合、不倫と見なされます。

既婚者が大人のパパ活をすれば、不倫になるので注意しましょう。

パパ活で既婚者が慰謝料請求されるケース3選

具体的にどのようなケースで慰謝料請求されるのか、既婚者がパパ活をすることでリスクが生じる可能性を理解しておきましょう。

既婚者でなくても相手を見極められないと、慰謝料を請求されることがあります。

次のパパ活で既婚者が慰謝料請求される3つのケースを確認して、安全にパパ活をしましょう。

  • 相手が未成年だったケース
  • 性的行為があったケース
  • パパ活女子に訴えられるケース

相手が未成年だったケース

プラトニックなパパ活であったとしても相手が未成年の場合は、犯罪となり慰謝料を請求されます。

未成年の女性とデートしていれば「誘拐罪」と見なされる可能性が高いです。

パパ活女子がお金欲しさに「無理やり連れ回された」と嘘言すれば、誘拐罪として訴えられます。

また、未成年だと知らずに大人ありの関係になった場合も、慰謝料を請求される可能性が高いです。

未成年者にお金を支払ってエッチした場合は、「児童買春禁止法違反」が成立してしまいます。

未成年の女性と遊ぶと、法律に触れてしまい社会的地位を失う可能性が高いので、あまりにもリスクが大きいです。

パパ活する際には、相手が未成年でないことを確認してから会うようにしましょう。

性的行為があったケース

パパ活女子と性的行為がある場合は、不倫として慰謝料請求されます。

不倫で「性的行為があった事実」を証明する証拠があれば、まず裁判で勝てません。

自白や証拠写真以外にも、ラインやマッチングアプリ上のメッセージで「昨日は気持ちよかったよ」「またエッチしたいね」など、性的行為があったことを証明する内容も不倫の証拠となります。

他にもホテルのレシートや、相手の女性が証言した場合も、慰謝料を請求されるので注意してください。

既婚者が性的行為がある大人のパパ活をした場合、慰謝料を請求されることを理解しておきましょう。

パパ活女子に訴えられるケース

パパ活女子と合意のもと、エッチしたとしても訴えられる可能性があります。

相手が「無理やり犯された」「身体を勝手に触ってきた」と嘘言すれば、強制性交等罪や強制猥褻罪で訴えられるのです。

パパ活女子はお金欲しさで、パパ活をしています。中にはお金が欲しくて、エッチした既成事実をつくって男性を強請る悪徳女性も…。

相手を見極めないと、パパ活女子に訴えられる可能性があるので注意してください。

また、パパ活女子に横柄な態度を取っているとネットにさらされたり、訴えられる可能性があるので、パパ活女子には優しく接するようにしましょう。

パパ活で既婚者の慰謝料請求額相場

パパ活で既婚者が不倫と見なされた場合、どれくらいの慰謝料を請求されるのか気になっている方は多いでしょう。

慰謝料の金額は、パパ活で不倫が見つかった状況に応じて変化します。

既婚者でパパ活をしようと考えている方は、不倫の慰謝料請求金額の相場を確認して「本当にパパ活してもいいのか」を再度検討してみてください。

別居したか離婚したかで慰謝料請求額が変わる

不倫で慰謝料を請求される場合は、不倫によってもたらされた結果に応じて金額が変動します。

つまり、不倫が発覚して別居したのか、離婚したのかで慰謝料請求額が変わるのです。

以下の、不倫が発覚して生じた影響別の慰謝料請求額相場を確認してみてください。

不倫が発覚して生じた影響 慰謝料請求額相場
離婚した 約200万〜300万円
別居した 約100万〜200万円
離婚も別居もしなかった 約50万〜100万円

不倫による慰謝料は、家庭がどの程度崩壊したかで金額が決まります

離婚も別居もしなかった場合は、精神的ダメージに対する損害として約50万〜100万円。別居に至った場合は約100万〜200万円、離婚した場合は約200万〜300万円が相場です。

あくまで相場なので、参考程度に留めておくようにしてください。

男性の家庭状況で慰謝料請求額が変わる

不倫の慰謝料請求額は、男性の家庭状況によって変動します。

家庭内が円満だったにも関わらず不倫した場合は、険悪な夫婦仲で不倫するより慰謝料請求額が高いです。

子どもはいないより、いる場合の方が慰謝料請求額が高く、男性が高所得者であるほど慰謝料請求額は高くなります。

パパ活をする既婚男性の多くは、お金に余裕がある富裕層。

そのため、既婚者がパパ活で不倫を訴えられた場合、相場より高い慰謝料を請求される可能性が高いです。

不倫による慰謝料請求は、男性の家庭状況に応じて変動することを覚えておきましょう。

相手の女性が慰謝料請求される可能性もある

不倫によって慰謝料を請求される対象は、男性だけではありません。

配偶者にパパ活がバレて訴えられる対象が、相手のパパ活女子である可能性も高いです。

パパ活女子は男性が既婚者である事実を知っていたか、認知の有無で慰謝料を請求されるかが変わります。

お金欲しさでパパ活をしていた女性にとって、訴えられて慰謝料を請求される被害は避けたいものでしょう。

自分だけでなく相手の女性にも、慰謝料を請求されるリスクがあることを理解して、パパ活をしてください。

パパ活で既婚者が慰謝料請求されないための対策

パパ活で既婚者が慰謝料を請求されないためには、対策を講じなければいけません

一番安全な方法は、既婚者がパパ活をしないことです。パパ活も不倫もしなければ、慰謝料を請求される可能性を限りなくゼロにできます。

どうしても既婚者がパパ活をしたい場合は、以下の対策を実施しておきましょう。

  • 相手を見極める
  • 大人なしのパパ活をする
  • 身バレ防止のマッチングサービスを利用する

相手を見極める

慰謝料請求を防ぐためには、パパ活をする相手を見極めることが必要不可欠です。

相手を見極めなければ「無理やり犯された」など嘘言で訴えられる可能性があります。

また年齢を偽られて、未成年者とパパ活しても犯罪となる可能性が高いです。

安心してパパ活を楽しむためには、未成年者や訴えてくる地雷系女子を避けてください。

お互いに割り切った関係性で会える、かわいいパパ活女子を探して、パパ活を楽しみましょう。

大人なしのパパ活をする

既婚者がパパ活をする際には、大人なしのパパ活がおすすめです。

大人ありのパパ活では、配偶者にバレた時に訴えられて負けてしまいます。

エッチなしの不貞行為にならないパパ活だと、バレても慰謝料を請求されません。

食事やショッピングなど、健全な癒しを目的としたパパ活をすれば、慰謝料の心配が無くなります。

既婚者は大人なしのパパ活で、かわいいパパ活女子とデートしましょう。

身バレ防止のマッチングサービスを利用する

既婚者が慰謝料請求されるケースで、最も多いのが配偶者にパパ活がバレたときです。

多くの既婚者がパパ活をする方法として、マッチングサプリを利用しています。

スマホのホーム画面にマッチングアプリのアイコンが残っていたり、ラインなどのメッセージアプリに女性とのやり取りが残っていれば、スマホを見られただけでアウトです。

既婚者がバレないようにパパ活をするには、身バレ防止機能が備わったパパ活向けのマッチングサービスを利用しましょう。

アプリではなくウェブ上でログインして利用できるマッチングサービスであれば、スマホを見られてもバレにくいです。ブラウザの履歴を毎回消去しておけば、証拠が残りません。

また身バレ防止機能が備わったパパ活向けのマッチングサービスを利用すれば、周囲にバレることなくパパ活を楽しめます。

慰謝料請求を防ぐために、身バレを防ぐ対策と証拠の消去を徹底してください。

既婚者がパパ活する場合は慰謝料請求されないように注意しよう!

既婚者がパパ活をしてもプラトニックなデートだけなら、慰謝料を請求されません。

しかし、大人ありの関係性の場合は、不倫と見なされ慰謝料が発生します。他にも未成年者とパパ活したり、パパ活女子が「無理やり犯された」と嘘言した場合は訴えられてしまうでしょう。

慰謝料の心配なく、安全にパパ活を楽しむには、相手の女性を見極めることが重要です。

お互い割り切った関係性で会える女性を探して、証拠や履歴を徹底的に削除してください。

既婚者がパパ活をすると、離婚や慰謝料請求などリスクが生じます。

リスクを理解した上で、どうしてもパパ活をしたいなら、慰謝料請求をされないよう対策をしておきましょう。

 

今、会える人気のマッチングアプリ

ペイターズ(paters)
24時間以内のマッチング率が97%!パパ活ならペイターズ!

シュガーダディ(SugarDaddy)
登録男女比3:7!20代女性とパパ活するならシュガーダディ!

PCMAX
真面目〜アダルトまで幅広く使える老舗のマッチングアプリ!

★アプリは掛け持ち登録が楽しむ近道!

タイトルとURLをコピーしました