マッチングアプリで電話したがる男の対処法とは?男性心理5つも紹介

マッチングアプリで出会ってすぐに電話したがる男に出会った経験はありませんか?いきなり距離を詰めるよりも、メッセージの中でどんな相手か知りたいと考えている女性は多いです。本記事では、そんな女性のために電話に誘われた際の対処法を紹介します!

マッチングアプリで電話したがる男性心理

マッチングアプリでマッチングした後、すぐに電話をしたがる男性に出会った経験はありませんか?

女性としては抵抗がある人も多いですが、すぐに電話したがる男性心理とはどのようなものなのでしょうか。すぐに電話したがる男性心理を5つ紹介します。

会う前に電話しておきたい

マッチングアプリで出会った相手とは、基本的にメッセージで気が合えばデートに行くという流れが多いです。メッセージだけではどんな人か分からないと考え、会う前に電話したがる男性が多いです。

メッセージよりも実際に声を聞いて話すことができる電話では、相手の雰囲気を知ることができます。ですので「この人いいかも」と感じたら、会う前に一度は電話しておきたいと考えている男性もいます。

電話しておくことで、マッチングアプリにありがちな初対面でのイメージとのギャップを減らすことも狙いです。

電話が好き・メッセージが面倒

男性の中には、そもそもメッセージが面倒で電話の方が楽だと感じている人がいます。普段から誰に対してもメッセージを返すのが面倒で電話で用を済ますタイプの人です。

マッチングアプリでは、たくさんの人とメッセージのやりとりをすることになる人が多いです。それを面倒に感じている男性は、少しでも印象に残った女性にはメッセージでいろいろと聞くよりも電話で話してみる方が合理的だと考えます。

男性は女性に比べて合理的な行動を好む人が多いため、電話したがる人が多いと考えられます。このような男性とはメッセージがあまり盛り上がらなくても、電話では盛り上がることも多いです。

サクラを警戒している

マッチングアプリを利用している男性の中には、サクラを警戒している人もいます。実際にはアプリ側がサクラを監視していることが多く最近ではほとんどいないと言われていますが、心配している人もいるのが現実です。

男性は有料会員にならないとアプリを十分に楽しめないことが多く、サクラへの警戒心も強いです。サクラであれば電話には応じないと考え、電話することでサクラへの不安を解消しようとする男性もいます。

プランの中で送信できるメッセージやいいねの数に上限がある場合もあり、できるだけ早くサクラへの不安を解消したいと考えマッチング後すぐに電話に誘われることがあります。

会話が得意なので電話でアプローチしたい

会話が得意な男性は、メッセージでのやりとりよりも電話で会話する方がアピールできると考えます。また、声に自信のある男性も同じ理由で電話したがる人が多いです。

会話が得意であれば、電話することで一気に距離を縮めることができます。気になる女性に対しては自分の得意分野で勝負しようと考え、電話したがる場合があります。

電話を得意とする男性の場合は、プロフィールに「電話好き」などの記載がある場合も多いです。そもそも電話が嫌な女性は、そのような記載のある男性とのマッチングを避けることもひとつの手です。

ヤリモクの可能性もある

マッチングアプリですぐに電話をしたがる男性は、ヤリモクの可能性もあります。マッチングアプリの中には、純粋な恋活・婚活をしている人だけでなくヤリモクの人も少なからず存在します。

メッセージではすぐに無視されてしまう質問や下ネタも、電話では気を遣って切れない女性もいるので、ヤリモクの男性は電話したがることが多いです。ヤリモク男性との電話では、下ネタが多かったり夜の時間に会おうとしつこかったりと違和感があることもあります。

電話したがる男と電話するメリット

電話したがる男に誘われると、女性としては警戒心もあり迷う方が多いです。電話する場合にはどのようなメリットがあるのか紹介します。

会う前に相手の雰囲気が知りやすい

電話をすることで、こちら側もより相手男性の雰囲気を知ることができます。いきなり知らない男性に会うことに抵抗がある女性は多く、会う前に電話をすることでその抵抗を少し減らすことができます。

メッセージで話すよりも電話の方が相手の雰囲気がわかりやすく、実際にデートしてみたい人かどうかの判断材料にもなるでしょう。メッセージだけのやりとりよりも、電話することでどんな人なのかのイメージがさらにはっきりすることがメリットです。

初対面の緊張を減らせる

初対面の人に会う時は、緊張する人が多いです。電話をするだけで初対面の緊張を全て無くせるわけではありませんが、少なからず減らすことはできるでしょう。

電話の段階で話が盛り上がっていれば、実際に会った時の共通の話題も見つけやすくなります。電話のおかげで、初対面のはずなのになんとなく初めて会ったような気がしないと感じることも多いです。人見知りの方や初対面で緊張しやすい方は、会う前に一度電話をすることで実際に会った場合のメリットを生み出すことができます。

気が合わなそうと分かれば会う手間が減る

マッチングアプリでは、人気会員は特にたくさんの人とマッチングします。マッチングした全ての男性に実際に会うことはほとんどないでしょう。

メッセージでの会話で会う・会わないを決めることが多いですが、電話をして相手の雰囲気を知ることで、より細かく会わない人を決めることもできます。本当はたくさんの人と会ってデートに行きたくても、忙しくて時間がない人も多いです。そんな人は「会ってみたいかも」と思う人と電話をしてみると、さらにふるいに掛けることができます。

電話したがる男と電話するデメリット

電話したがる男と電話するメリットがある一方で、電話するデメリットもあります。デメリットを2つ紹介するので、自分が電話するべきかしないべきかの参考にしてみてください。

相手に合わないと思われたらデートできない

電話して相手の雰囲気を知ることで会う・会わないを決めることができる一方で、自分は会いたいと感じたのに相手には合わないと思われてデートできなくなる場合も考えられます。

メッセージやプロフィールを見るだけでも「絶対に会ってみたい」と感じる相手もいますよね。相手もその時点でいいかもと思ってくれていても、電話をすることで合わないと思われてデートまでたどり着けないというリスクもあります。

時間を拘束される

電話をすると、その時間を拘束されることになります。実際に電話をしてみないとどのくらいの時間拘束されるかがわからないことも、負担に感じる女性が多いです。

電話に誘われるがままに何人もの男性と電話をすると、特に時間を拘束され負担になります。仕事が夜遅くまである方は休日を利用して電話をすることが多いですが、電話の時間は出かけたり趣味をして過ごしたりすることができなくなってしまいます。

電話したがる男の断り方

電話に誘われて断ると決めた場合、角を立てない断り方を紹介します。電話を断ると決めたからといってメッセージやデートを断りたいわけではない場合もあります。そのような人は特に上手に断るために参考にしてみてください。

実家に住んでいると言う

「実家に住んでいるので電話できない」というのは、納得してもらえる理由として使うことができます。実家に住んでいても気にせず電話したり自室で電話したりできる人もいますが、親や兄弟に聞かれたくないので電話はNGという人も少なくありません。

「電話したくてもできないのでメッセージで話しましょう」と角を立てずに断ることができます。しかしマッチングアプリのプロフィールには実家住み・一人暮らしを記載していることも多いので、嘘の場合は注意しましょう。その後実際にデートに行った際もうっかり実家住みの設定を忘れてしまう人もいるので、嘘をつく場合は徹底して管理することが必要です。

電話が苦手だと正直に言う

電話が苦手でしたくない人は、無理に誤魔化さずに電話が苦手だと話してみるのも手です。マッチングアプに慣れている男性や察する力の強い男性は、変に誤魔化すと自分に気がないんだと察して離れていってしまう可能性があります。

電話が苦手だと正直に言えば、相手男性も無理に誘ってくることはありませんしメッセージや会うこと自体が嫌なわけではないと伝えることもできます。言い訳をして誤魔化すよりも、素直に言うことで男性の交換を得られることも多いです。

時間が合わないとうやむやにする

電話したくないとはっきり断らずに、する気はあるけど合う時間がないとうやむやにすることもできます。相手に都合のいい時間を聞いて、そこは空いてないかも…と誤魔化します。電話の日程が合わない間に新しい話題で盛り上がれれば、自然に電話の話題が忘れられていくこともあるでしょう。

この方法をとると、察しのいい男性には電話したくないのかな、自分に気がないのかななどと思われてしまう可能性もあります。マッチングアプリでは出会いが多い分自分に気がないとわかればメッセージに時間を割いてもらえなくなることもあるので注意が必要です。

マッチングアプリでは無視するのも手

マッチングアプリだけのつながりの人のことは、無視してしまうのも手です。メッセージの途中で無視したり返事が返ってこなかったりすることは、電話の話題に限らずとてもよくあることです。ほとんどの人は慣れていて、あまり気にすることはありません。

これ以上メッセージを続けたり会ったりする気がないのなら、連絡を返さずに無視してしまっても構いません。しかし電話の話題が嫌だからと一度無視すれば、相手男性から追って連絡がくる可能性はかなり少なくなります。電話は嫌だけど会ってみたいという気持ちがあるのなら、無視はしないことをおすすめします。

電話する時の注意点

マッチングアプリで電話をすると決めた時に注意するポイントを紹介します。電話すること自体は悪いことではありません。注意点を確認して、安全に電話を楽しみましょう。

電話番号を教えない

マッチングアプリで出会った男性と電話する際は、いきなり電話番号を教えないようにしましょう。最近のマッチングアプリは監視が厳しくなっていて不審人物は減っていますが、それでも全員が安全な人とは限りません。

マッチングアプリには、アプリ内で電話を楽しめる機能を搭載しているものがあります。アプリ内の電話機能を使えば電話番号を教えずに電話ができるので安心です。

アプリ内に電話機能がない場合でも、電話番号を教えることは控えましょう。LINEなど電話番号を教えずに電話できるアプリを優先して使うことをおすすめします。

個人情報を教えない

本名や住所や職場などの大切な個人情報を教えてしまわないように気をつけましょう。メッセージで個人情報を教えてしまう人は少ないですが、電話で会話しているとうっかり口にしてしまうことがあります。

まだ相手がどんな人かわからない以上、簡単に個人情報を教えてしまうのは危険です。人によっては少しの情報から家や会社を調べ出すことができます。自分の身を守るためにも、大袈裟なほど警戒することは無駄になりません。

相手が変だと感じたらすぐに切る

電話を開始してから相手が変だと感じたら、すぐに切ってしまいましょう。メッセージを無視するよりも電話を急に切ることを申し訳なく感じる人は多いですが、不審な人との会話に付き合ってあげる必要はありません。

メッセージの段階では好感を持てる人だったとしても、電話で急に下ネタばかり話してきたり個人情報をしつこく聞いてきたりする人は稀にいます。会話に付き合っているとうっかり個人情報を話してしまう危険性も考えられます。変だと感じたら話に付き合わずに、すぐに切るようにしてください。

まとめ:電話したがる男が嫌な場合は上手に断ろう

マッチングアプリで電話したがる男の中には、もちろんいい人も悪い人もいます。電話が必ずしも悪いわけではありませんし、誘われたら電話しなければいけないわけでもありません。

電話するにはメリットもデメリットもあるので、自分でよく考えて電話するかどうかを決めましょう。電話するのは嫌だと感じたら、上手に断ることをおすすめします。本記事がマッチングアプリで電話に誘われた際の対応の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました