【例あり】マッチングアプリは最初の会話が超重要!返信率UP7つのコツ

マッチングアプリでマッチした相手にメッセージを送ったものの、その後返信がなかったという経験はありませんか?気になった相手から返事がこなかった場合、少し残念な気持ちになってしまいますよね。

マッチングアプリで返信率を上げるためには最初の会話やメッセージが非常に重要です。最初の印象が良ければその後の関係も進めやすくなるでしょう。

そこで今回は、マッチングアプリで使える返信率アップのコツをご紹介します。マッチングアプリで返信が来にくく悩んでいる方、もしくはこれからマッチングアプリを使おうと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

マッチングアプリで最初の会話が重要な理由

マッチングアプリで最初の会話が重要な理由

マッチングアプリで最初の会話が重要になる理由は大きく3つあります。

  • 第一印象は最初の会話で決まる
  • 相手へのアプローチが自分一人とは限らない
  • 最初の会話で相手の真剣度を図っているため

最初の会話であなたの第一印象が決まるため

マッチングアプリの場合、第一印象は最初の会話で決まります。

まだ実際に会っているわけではないので、相手からの印象は、メッセージの割合が多くを占めます。顔写真に関しては加工しているケースも少なくないので、メッセージの雰囲気を重視するという方も少なくありません。

第一印象の良し悪しは、その後の関係を継続していくかを決める上で非常に重要なポイントです。印象が良いメッセージには返事が来やすく、そうでないものは弾かれてしまうケースも少なくないでしょう。

第一印象を高めるために、最初の会話内容は非常に重要です。

相手へのアプローチが自分一人とは限らないため

相手に対するアプローチが自分一人とは限りません。特に女性の場合、一日に数十件以上のメッセージが来ることも珍しくないでしょう。

たくさんのアプローチを受けている場合、全員に返事をするのは大変です。数あるアプローチの中から厳選して返事をしているケースがほとんどでしょう。

返事をもらうためには、数あるアプローチの中でも気になる人だと思ってもらわなければなりません。相手に複数のアプローチが来ていることを理解し、最初の会話を慎重に考えましょう。

最初の会話で相手の真剣度を図っているため

最初の会話で真剣度を図っているケースがほとんどです。お話ししている表情や身振りなどを確認できない分、メッセージの文面が非常に重視されるでしょう。

マッチングアプリでは相手の顔が見えない分、最初の会話で自分の真剣度を相手に示さなければなりません。あなたの真剣度が相手に伝わらなければ、返事が来る可能性もかなり低いといえるでしょう。

マッチングアプリで返信率UPの7つのコツ

マッチングアプリで返信率UPの7つのコツ

マッチングアプリで返信率をアップさせるコツを7つご紹介します。

マッチングアプリでなかなか返事がこない、もしくはこれからマッチングアプリを始めるという方はぜひ参考にしてくださいね。

コツ1:はじめに自分の名前を名乗る

最初のメッセージでは必ず自分の名前を名乗りましょう。プロフィールに飛べば名前は表示されているかもしれませんが、改めて自己紹介することで相手に丁寧な印象を抱かせます。

ニックネームや氏名は問いませんが、名前を名乗らずにメッセージを送るのは絶対に避けましょう。

コツ2:メッセージを送った理由を伝える

相手に、メッセージを送った理由を伝えましょう。なぜ興味を持ったかの理由を記載することで、どんな目的があってメッセージが届いたのか知ることができます。

また、理由が記載されているメッセージは相手に丁寧な印象を与えるでしょう。メッセージを送った理由を伝えられるだけでなく、相手に与える印象も良くなるので、理由は必ず記載してくださいね。

コツ3:相手の趣味や共通点に触れる

相手の趣味や共通点に触れましょう。共通の趣味がある相手だということを知ってもらうだけでなく、返事をしやすくなります。

内容が薄いメッセージは返す内容に迷いやすく、返事が面倒に感じてしまうケースも少なくありません。相手が返事をしやすいように、もしくは返したくなるように相手のプロフィールに記載されている趣味や共通点に触れましょう。

コツ4:相手への質問を入れる

相手に対する質問を必ず入れましょう。質問が記載されているメッセージは返事をしやすくするだけでなく、相手に対して関心があることの表れでもあります。

相手のプロフィールに記載されていない内容で気になることがあれば、ぜひ最初のタイミングでメッセージに入れてみましょう。

コツ5:絵文字や顔文字を適度に入れる

絵文字や顔文字は、メッセージに感情を乗せる大事な要素です。文字だけだと淡白な印象になりやすいですが、適度に絵文字が入ったメッセージは感情がわかりやすく相手に与える印象も変わるでしょう。

しかし、顔文字や絵文字を入れすぎて見づらくなっているメッセージはNGです。一つのメッセージに対して3〜4個程度に抑えておくのが良いでしょう。

コツ6:マッチングしたことへのお礼を入れる

マッチングアプリの多くは、マッチングしなければメッセージを送れない仕組みになっています。そのため、あなたがメッセージを送れているということは相手の条件にもマッチしている可能性が高いです。

そのため、最初の会話にはマッチングしたことへのお礼を必ず入れましょう。その際に入れるお礼は一言程度の簡単なもので構いません。

このお礼があるかどうかで最初の会話が与える印象は大きく異なります。お礼を忘れることなく必ず記載してくださいね。

コツ7:よろしくお願いしますを必ず入れる

メッセージの最後には「よろしくお願いします」を必ず入れましょう。挨拶をしっかり入れることで、丁寧な人だという印象を持ってもらえます。

メッセージの内容をしっかり作り込んだら、最後に「よろしくお願いします」と記載し、送信しましょう。

返信率を下げてしまう6つのNGポイント

返信率を下げてしまう6つのNGポイント

ここでは返信率を下げてしまう6つのポイントをご紹介します。返信が来ずに悩んでいるという方はは、以下の内容を最初の会話に入れてしまっている可能性があります。

これからマッチングアプリを始める方は以下の内容を参考に、メッセージの返信がなくて困っているという方は自分が送っているメッセージの内容を見直してみましょう。

文章が短文すぎる

文章が短すぎるものに関しては返信率が低くなります。文章が短すぎている場合、手を抜いている、もしくは同じ内容をコピペして大勢に送っているのではという印象を持たれてしまうかもしれません。

また、相手に対しての誠意が見えないので、返事をしたいという気持ちにはなりにくいといえるでしょう。文章が短文すぎている場合、メッセージの内容が充実しているか確認してみてくださいね。

文章が長文すぎる

短文すぎるメッセージは適当という印象を与えてしまいますが、長すぎるものもNGです。長すぎる文章は相手の読む気を萎えさせてしまい、後回しにされやすいでしょう。

また、メッセージが長すぎると重たい印象を持たれる可能性があります。最初の会話はあくまでも自己紹介や挨拶、質問などに絞り、長すぎるメッセージは送らないようにしましょう。

プロフィールに触れていない内容

相手がプロフィールに記載している内容に触れない内容はNGです。プロフィールを読んでからメッセージを送ってきていないことが相手に伝わってしまうので、真剣な印象を持ってもらえないでしょう。

プロフィールの内容に触れつつ、自分と共通のものがあればその内容も合わせて記載するのがおすすめです。

タメ口

初回からタメ口でメッセージを送ると、失礼な印象を与えてしまうのでNGです。何度かメッセージをやりとりした後にタメ口に切り替えるのは問題ありませんが、初回からタメ口で送ってしまうのはあまり得策とは言えません。

タメ口に対する印象は人それぞれです。仲良くなるためにタメ口を使いたいという方もいますが、中には馴れ馴れしくて嫌悪感を抱いてしまうという方もいます。

タメ口でやり取りをしたい場合も、初回は必ず敬語でメッセージを作成し、相手が問題ないようであればタメ口に移行するのが良いでしょう。

初回で個人情報を聞いてしまう

初回で個人情報を聞いてしまうのも、返信率を下げるポイントです。氏名や住所はもちろん、LINE情報なども初回で聞いてはいけない内容になります。

初回はまだ警戒している状況なので、そのタイミングで個人情報を聞かれても教えることはほとんどないでしょう。何度かやり取りをする中で警戒心が解け、もっと仲良くなりたいと思ったタイミングでやっと個人情報のやりとりが可能になります。

初回から個人情報を聞いてしまうのは失礼に当たる場合もあるので十分注意しましょう。

下ネタの話

最初の会話から下ネタの話が入っている場合も返信率はかなり低くなるでしょう。真剣に出会う気がない、体の関係目的だと認識されるので警戒されやすくなります。

体目的の可能性がある、または警戒している相手に対して優先的にメッセージを返したいと思うことは当然ありません。真剣に出会いを求めていることをアピールするためにも、初回から下ネタの話を入れ込むのは絶対にやめましょう。

マッチングアプリで相手に見られているポイント

マッチングアプリで相手に見られているポイント

ここではマッチングアプリで相手にみられているポイントをご紹介します。相手がどんなポイントを重視するのか知るだけで、メッセージを作成しやすくなるでしょう。

自分が作成したメッセージが以下のポイントを抑えられているか確認してみてくださいね。

自分と同じ目的かどうか

自分と同じ目的の方かどうかを強く意識します。真剣に付き合える相手を探している方の場合、軽い印象があるメッセージに対して返事をすることはないでしょう。

同じように、体の関係だけを求めている方に対して真剣な内容を送っても、返事がくる可能性はほとんどありません。

このように目的が一致していない相手だと認識すると、相手は返事を返さなくなります。自分と同じ目的のユーザーかどうか確認してからメッセージを送信しましょう。

マナーがあるか

一般的なマナーがあるか、も重視されるポイントです。マナーのない方とのやりとりはストレスが溜まるだけでなく時間が無駄になると考えるでしょう。

最初から下ネタの話をしない、挨拶や自己紹介をしっかりしているかどうかなどがその項目に当てはまります。相手に対して誠意を持った内容になっているのか確認してから送信してくださいね。

自分に対して興味があるか

自分に対して興味があるユーザーなのかもまた、かなり重視するポイントです。プロフィールに記載されている内容をメッセージで聞く、また質問などが一切記載されていない場合もこの項目を満たしているとはいえないでしょう。

関心や興味があることを相手に伝えるために、プロフィールの内容を参考にしたメッセージを送るようにしてくださいね。

サクラや業者ではないか

マッチングアプリにはサクラや業者が登録している場合もあります。届いたメッセージが業者のようだと感じた場合、当然返事をすることはないでしょう。

サクラや業者は大量のユーザーにメッセージを一斉送信することがほとんどなので、内容に厚みがないという傾向にあります。サクラや業者だと思われることのないように、相手のプロフィールにしっかり触れつつ、丁寧にメッセージを作成してくださいね。

相手に好かれる!おすすめのメッセージ例文

相手に好かれる!おすすめのメッセージ例文

相手に好かれやすいメッセージの例文をご紹介します。文章が思いつかないという方は、以下を参考にして作成してくださいね。

良い例

こんばんは、〇〇(自分の名前)と言います!マッチングありがとうございます!
可愛らしい雰囲気だなと気になったのでメッセ送っちゃいました。
食べ歩きが好きなんですね。
ちなみに最近だとどこかオススメのお店やよかったお店はありましたか?
ぜひこれを機に仲を深められたらと思っています。
よろしくお願いします^^

挨拶と自己紹介をした上でメッセージを送った理由もしっかり明記しています。食べ歩きが好きというプロフィールを見ないとわからない情報が記載されている点も良いですね。

後半の誘い文句はアプリの性質や相手のプロフィールにもよって反応が変わってくると思いますので、臨機応変に対応してください。

悪い例

はじめまして。
雰囲気に惹かれてメッセージしました。返事待ってるね。

文章が短すぎるだけでなく、プロフィールにも一切触れておらず、コピペのような印象を受けます。返信をしたいと思ってもらえる可能性はかなり低いといえるでしょう。

まとめ:マッチングアプリでは最初の会話を重要視して返信率をあげよう!

まとめ:マッチングアプリでは最初の会話を重要視して返信率をあげよう!

マッチングアプリの返信率を上げるためには最初の会話がかなり重要になります。真剣な印象を持ってもらうためには、プロフィールにしっかり目を通し、失礼のない内容でなければなりません。

今まで返事があまり来なかったという方は、何らかの原因があった可能性が高いといえるでしょう。上記でご紹介した点をよく確認し最初のメッセージを丁寧に作り込むことで、今まで以上に返信率を上げてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました