パパ活とギャラ飲みの違いとは?相場や特徴を知って使い分けよう!

 

パパ活とギャラ飲みの違いが分からない方は多いでしょう。

従来からある「パパ活」と、近年よく耳にする「ギャラ飲み」。どちらも、お金を支払って女の子と食事をしますが、違いを知っていますか?

パパ活とギャラ飲みは、女の子に金銭を支払って食事をする点は同じですが、全くの別物です。

この記事では、パパ活とギャラ飲みの違いについて、相場や特徴をふまえて解説していきます。

最後まで読んで、自分がパパ活とギャラ飲みどちらを求めているのか確認してみてください。

そもそもパパ活とギャラ飲みとは?

パパ活とギャラ飲みは、どちらもお金を支払ってかわいい女の子と食事をする遊びです。

名前を聞いたことがあっても、パパ活とギャラ飲みの違いを知らない方は多いでしょう。

パパ活とギャラ飲みに興味がある方は、それぞれの違いを確認しておいてください。

パパ活とは

パパ活とは、お金が欲しい女の子を援助して、一緒に買い物や食事を楽しむことです。

男性はパパと呼ばれ、女の子に金銭的援助をします。

具体的な援助は、買い物や食事代は全て男性持ちで、別途一緒に遊んでくれた報酬としてお手当(金銭)を渡して援助するのです。

パパ活の定義は、あくまでパパと娘のようなプラトニックな関係性のため、エッチはしません。

しかし、人によってはエッチあり(大人あり)のパパ活で、従来のお手当相場より高い金額を女の子に渡して援助することもあります。

パパ活とは、かわいい女の子に富裕男性がお手当を渡して、一緒に買い物や食事を楽しむ関係性のことです。

ギャラ飲みとは

ギャラ飲みとは、お金を支払って女性を飲み会に呼ぶサービスのことです。

飲み会を盛り上げる美人要因として、かわいい女の子をギャラ飲みサービス会社から派遣してもらいます。
簡単にいえば、キャバクラには行かず、飲み屋でかわいい女の子と一緒にお酒を楽しむ「飲み会要因斡旋サービス」です。

ギャラ飲みでは、飲み会を盛り上がるために、女の子を複数人呼ぶこともできます。

呼ぶ人数や拘束時間は自由ですが、時間性で利用料金が発生するため長くギャラ飲みを楽しむほど、高い利用料金を支払わなければいけません。

飲み会が終わった時点で、女の子に利用料金を支払ってギャラ飲み終了です。

ギャラ飲みとは、ギャラ(金銭)を支払ってかわいい女の子と一緒に飲み会を楽しむことを意味します。

パパ活とギャラ飲みの違い

パパ活とギャラ飲みは、どちらも金銭を支払って食事を楽しみます。
しかし、パパ活とギャラ飲みでは決定的に違う点があるのです。

自分が求めている遊びがどちらなのか、パパ活とギャラ飲みの違いを確認しておきましょう。

  • 女の子と知り合う方法が違う
  • 会う場所・目的が違う
  • 個人か集団かが違う
  • 個人か企業かが違う
  • リピート率が違う

女の子と知り合う方法が違う

パパ活とギャラ飲みは、女の子と知り合う方法が違います。

男性がパパ活女子を見つける方法は、主にSNSやマッチングアプリです。
対して、ギャラ飲みは、ギャラ飲みアプリで女の子を呼びます。

パパ活は自分でメッセージのやり取りをして、女の子にアポを切って出会わなければいけません。
しかし、ギャラ飲みは、アプリで指名か空いている子を呼ぶと、女の子が飲み会に来てくれます。

自分でやり取りをして女の子とアポを切るか、運営サービスに連絡して女の子を呼んでもらうか、パパ活とギャラ飲みでは女の子と知り合う方法が違うのです。

会う場所・目的が違う

パパ活とギャラ飲みは、女の子と会う場所・目的が違います。

パパ活は、女の子とカフェや食事、買い物などかわいい女の子とデートすることが目的です。
対して、ギャラ飲みは、飲み会に女の子を呼んで一緒に楽しむことが目的になります。

どちらもキャバクラやガールズバーのように、プロではなく素人の女の子と遊びことが目的でしょう。
しかし、ギャラ飲みは飲み会限定に対して、パパ活は女の子と了承を得ればどこでも会うことができます。

パパ活は女の子が了承すれば、居酒屋やバー・カフェや映画館など会う場所は自由ですが、ギャラ飲みは飲み会の席にしか女の子を呼べません。

パパ活とギャラ飲みでは、女の子と会う場所と目的が違うことを理解しておきましょう。

個人か集団かが違う

基本的にパパ活は1対1で、ギャラ飲みは複数人で会うことになります。

パパ活は女の子と1対1でデートしますが、ギャラ飲みは大人数の飲み会に女の子を呼ぶことが多いでしょう。

ギャラ飲みの場合は、女の子を複数人呼ぶこともあり、大勢でワイワイ盛り上がりたい素人キャバクラのような感覚で利用します。
対して、パパ活は、かわいい女の子と1対1でデートできるレンタル彼女のような感覚です。

パパ活とギャラ飲みの違いは、女の子と個人で会うか集団で会うかが違います。

個人か企業かが違う

パパ活とギャラ飲みの違いは、パパ活は「個人でするもの」ギャラ飲みは「企業がするもの」です。

パパ活女子は個人でパパ活をしていますが、ギャラ飲み女子はギャラ飲みサービスを運営している会社に登録してギャラ飲みをしています。

パパ活は個人で女の子と連絡をとり、ギャラ飲みはギャラ飲みサービスを介して女の子と出会うものです。
そのため、パパ活では女の子と連絡を取り続けますが、ギャラ飲みは連絡やスケジュール調整はすべて運営サービスがしてくれます。

パパ活は女の子とメッセージのやり取りを楽しみたい方、ギャラ飲みは手間をかけず手軽に女の子を呼びたい方におすすめです。

リピート率が違う

パパ活は気に入った子と定期的に会いますが、ギャラ飲みはその日ごとに違う子と会います。

パパ活でも相性が悪い、相手から連絡が途切れるなどでリピートできないこともありますが、基本的には気に入った子と継続的な関係性を築いていくでしょう。

ギャラ飲みでも、気に入った子がいれば指名してリピートもできますが、指名しなければ飲み会に来る女の子は選べません。

基本的にはパパ活は同じ子と定期的に会う、ギャラ飲みは単発で来る女性と飲み会を楽しむ違いがあることを理解しておきましょう。

パパ活とギャラ飲みの費用相場

パパ活とギャラ飲みでは、支払う費用相場が違います。

パパ活やギャラ飲みをしたい方は、それぞれの費用相場を確認しておきましょう。

パパ活の費用相場

パパ活の費用相場は、パパ活女子と何をして遊ぶかデートプランによって変わります。

パパ活のデートプラン別の費用相場は以下の通りです。

デートプラン お手当相場
顔合わせ 5,000円
食事のみ 10,000円〜20,000円
半日以上かかるデート 20,000〜30,000円

パパ活では、はじめましての時に顔合わせを行います。

顔合わせとは、カフェなどで会って、お互いがこれからパパ活をしていく相手として問題がないかを見極める機会です。

顔合わせで問題がなければ、それから継続的なパパ活の関係性を築いていきます。

また、パパ活では大人をする=エッチありの関係性になることも可能です。
大人をする場合の費用相場は、エッチをする分、高くなります。

パパ活女子と、エッチをしたい方は大人ありの費用相場を確認しておきましょう。

大人のデートプラン お手当相場
ホテルデート 40,000万円
旅行 50,000〜80,000万円
月極契約 100,000円

月単位で、女の子と自由に会ってエッチを楽しむ「月極契約」では10万円は支払わなければいけません。

大人ありのパパ活を楽しむ場合は、お手当を弾んで女の子を援助してあげましょう。

ギャラ飲みの費用相場

ギャラ飲みの費用は、女の子を拘束する時間によって変わります。

多くのギャラ飲みサービスは、1時間ごとに利用料金が発生する仕組みです。

ギャラ飲みの費用相場を確認して、無理がない範囲で女の子と飲み会を楽しみましょう。

ギャラ飲みプラン 報酬相場
1時間拘束 5,000〜15,000円
指名料 1,000円〜3,000円

ギャラ飲みは、時間制で料金を請求されることが多いので、飲み会1件につき2時間だと想定すると1万〜2万円ほどが相場です。

お気に入りの子を指名する際には1,000〜3,000円ほどの指名料がかかります。

他にも飲食代やタクシー代は男性持ちなので、どこで飲み会を開催するかで費用は大きく変わるでしょう。

パパ活とギャラ飲みそれぞれのメリット

パパ活とギャラ飲みどちらで女の子と遊ぼうか、悩んでいる方はそれぞれのメリットを確認してみましょう。

パパ活とギャラ飲みでは、それぞれ得られるメリットが異なります。

それぞれのメリットを確認して、どちらで女の子と遊ぶか比較検討してみてください。

パパ活は2人きりの時間を楽しめる

パパ活は、かわいい女の子と2人きりの時間を楽しめます。デート内容は食事やショッピングが多く、女の子と恋人のように時間を過ごせるので楽しいです。

ギャラ飲みでは、不特定多数の大人数飲み会で女の子と関わることが多いので、相手と親密な関係を築きにくいでしょう。

女の子との親密度、関わり方がパパ活とギャラ飲みでは違うのです。

かわいい女の子と恋人のように親密な時間を過ごしたい方は、パパ活が向いているでしょう。

パパ活はデート内容が自由

パパ活は、カフェや食事・買い物など女の子が了承してくれれば、どこでも行けます。お手当を弾めば、半日以上のデートをすることも可能です。

更に、女の子の信頼さえ勝ち取れば、大人ありの関係を築いてホテルデートや旅行もできるので、デート内容がバラエティに富んでいます。

一方、ギャラ飲みは、基本的に飲み会のみのサービスなので、女の子と関われる場所が飲食店だけになります。

ギャラ飲みでも、個人利用すれば女の子と1対1で飲むこともできますが、カラオケやホテルなどの密室は利用規約で禁止されていることが多いです。

女の子と自由にデートしたい方は、パパ活を始めてみましょう。

ギャラ飲みはかわいい子が多い

ギャラ飲みは、ギャラ飲みアプリに登録する際に審査があることが多いです。

審査基準は、運営会社によって異なりますが、利益を上げるためにかわいい子しか審査を通過できないようしています。

顔審査がなくても、利用していくごとに男性からの評価システムを導入していたりするので、女の子の質を呼ぶ前に確認できるので安心です。

パパ活もかわいい子がいますが、SNSやマッチングアプリでは写真詐欺をしている女の子が多く、顔合わせ当日にがっかりすることも珍しくありません。

かわいい女の子と確実に会いたいなら、ギャラ飲みがおすすめです。

ギャラ飲みはお酒が飲める

パパ活で女の子と飲みたいと思っても、お酒が入る場を警戒されたり、女の子がお酒を飲めないことが多いです。

しかし、ギャラ飲みは、女の子の飲み会斡旋サービスなので、お酒を飲むこと前提となっています。
もちろん、お酒を飲めない子もいますが、その際にはお酒を強要してはいけません。

また、パパ活は女の子と対等な立場なため自分で会話を盛り上げたりするコミュニケーション能力が必要ですが、ギャラ飲みは女の子を盛り上げ要因として呼びます。

そのため、ギャラ飲み女子はコミュ力が高く、盛り上げ上手な子が多いため、接待としても利用できるでしょう。

女の子とお酒を飲んで盛り上がりたい、ちょっといい感じになりたい方は、ギャラ飲みがおすすめです。

パパ活やギャラ飲みをする際の注意点

パパ活やギャラ飲みどちらを利用するにしても、共通する注意点があります。

以下の注意点に気をつけて、健全に女の子と遊びましょう。

  • 女の子に優しくする
  • お金をケチらない
  • 割り切りの関係だと理解しておく

女の子に優しくする

パパ活・ギャラ飲みどちらでも、女の子に優しく接しましょう。

女の子に嫌われるような言動を避けて、優しく接する真摯な対応が必要です。

パパ活で女の子に横柄な態度やエッチの強要をすると、女の子は会ってくれなくなり、最悪の場合はネット上で晒されてしまいます。

ギャラ飲みで女の子にモラハラ、アルハラなど、女の子が嫌がる言動を行った場合、ギャラ飲みサービスの利用禁止に繋がり、最悪の場合は罰金を支払わなければいけません。

女の子と遊ぶなら、優しく大切に扱うのは男の努めです。

パパ活とギャラ飲みどちらを利用する場合も、女の子には優しく接するよう心がけましょう。

お金をケチらない

パパ活・ギャラ飲みどちらにせよ、お金をケチってはいけません。

パパ活やギャラ飲みは、お金がかかる遊びであることを理解しておいてください。
お金を使いたくないのであれば、パパ活やギャラ飲みはしないほうがいいです。

パパ活でお手当をケチると女の子に嫌われてしまい、ギャラ飲みで報酬やタクシー代をケチると悪質利用客になってしまいます。

パパ活やギャラ飲みは、お金に余裕がある富裕男性のみが行いましょう。

割り切りの関係だと理解しておく

パパ活や・ギャラ飲みどちらにせよ、女の子はお金目的で男性に会っていることを理解しておきましょう。

女の子に優しくされたことを勘違いして本気で好きになってしまうと、いろいろとトラブルに発展する危険性があります。

女の子にしつこくアタックしたり、プライベートで会おうとするのは絶対NGです。

あくまで、パパ活やギャラ飲みは恋愛感情抜きの割り切りの関係であることを理解しておいてください。

パパ活とギャラ飲みの違いを知って、自分に向いている方を選ぼう

パパ活とギャラ飲みの違いを知って、どちらが自分に向いているのか比較検討してみてください。

女の子と1対1で親密な関係を築きたいならパパ活、かわいい子とワイワイ飲み会で楽しみたいならギャラ飲みがおすすめです。

パパ活とギャラ飲みは、どちらも女の子に優しく接してお金をケチってはいけません。
女の子は、あくまでお金が欲しくてパパ活やギャラ飲みをしているので、適切な報酬を支払ってあげましょう。

パパ活やギャラ飲みは、お金がかかる富裕男性にのみ許された遊びであることを理解しておいてください

お金に余裕があるなら、パパ活やギャラ飲みでかわいい女の子と楽しい時間を過ごしましょう。

タイトルとURLをコピーしました