ペイターズでブロックされた?確認方法はある?

ペイターズをユーザーの中には、ブロックされているのではと不安に感じている人も少なくないでしょう。ペイターズにはブロック機能が用意されているので、表示画面などに違和感を感じているのであればブロックされている可能性があります。

ブロックされてしまったのであれば、すぐに切り替えて他のユーザーへアプローチしたいところ。しかし、ブロックされているのが確実でなければ、その判断は難しくなりますよね。

今回はペイターズでブロックされたかどうかの確認方法をご紹介します。ペイターズでブロックされているかもしれないと感じている人、もしくはペイターズへの登録を検討している人はチェックしてみてくださいね。

今、会える人気のマッチングアプリ

ペイターズ(paters)
24時間以内のマッチング率が97%!パパ活ならペイターズ!

シュガーダディ(SugarDaddy)
登録男女比3:7!20代女性とパパ活するならシュガーダディ!

PCMAX
真面目〜アダルトまで幅広く使える老舗のマッチングアプリ!

★アプリは掛け持ち登録が楽しむ近道!

ペイターズでブロックされた?確認方法はある?

ペイターズでブロックされた?確認方法はある?

ペイターズにはブロック機能が用意されています。そのため、表示されている画面に違和感を感じた場合、ブロックされている可能性がかなり高いといえるでしょう。

また、マッチングアプリの中にはブロックされているかどうかを確認する裏技がある場合がほとんどですが、ペイターズにはありません。

ペイターズで相手にブロックされた場合「退会済み」と表示されるのみになります。そのため、退会した場合とブロックした場合の表示が同じなので、どちらなのかを自分で判断しなければなりません。

ブロックならではの効果を知り、ブロックされたのか退会したのかを判断しましょう。

ペイターズのブロック機能の効果

ペイターズのブロック機能の効果

まずはペイターズで用意されているブロック機能の効果を理解する必要があります。以下の内容に当てはまった場合、ブロックされている可能性がかなり高いといえるでしょう。

ブロックをするとどんな効果があるのか確認してみてくださいね。

検索結果に出てこなくなる

ブロックされると検索結果に表示されなくなります。そのため、ユーザーの条件と検索条件が合致していたとしても、ブロックされている間は一切表示されません。

お気に入りの女性が検索結果に表示されなくなったなどの場合は、ブロックされた可能性が高いと考えて問題はないでしょう。

メッセージが突然消える

それまで表示されていたメッセージが突然消えてしまいます。それまでのやりとりが全て消えてしまうので、かなり違和感がありますよね。

ブロック機能を知らないユーザーはサイト側の不具合を疑うケースも少なくありません。しかし、サイト側の不具合で特定のユーザーとのやりとりが全て消えてしまうのはかなり考えにくいですよね。

これまでやりとりしていた内容が消えてしまった場合は、ブロックされてしまった可能性が高いと判断して問題はないでしょう。

対象ユーザーとのメッセージの送受信ができなくなる

ブロックされた場合、対象ユーザーとのメッセージの送受信が一切できなくなります。そのため、ブロックされている可能性があるユーザーとの関わりは、ブロックされてからは不可能になると理解しておきましょう。

やりとりを再開するためには、ブロックの解除が必須になります。ただしメッセージの送受信はできないので、ブロック解除の打診などは一切できないので注意が必要ですね。

以降相手への足跡がつかなくなる

ブロックした側だった場合、相手のプロフィールは引き続き閲覧可能です。しかし、ブロックをしたユーザーのプロフィールを閲覧しても足跡がつかなくなります。

プロフィールの閲覧を相手に知られることはないので、間違えてブロックした相手のページを開いてしまったなどの場合でも問題はないでしょう。

ペイターズでブロックされる理由

ペイターズでブロックされる理由

ここではペイターズでブロックされてしまう理由をご紹介します。以下の内容に該当した場合、ブロックされる可能性はぐっと高まるでしょう。

ブロックされないように関係を築きたいという場合は、以下の内容を確認し十分注意してくださいね。

不愉快なメッセージを送ってしまった

相手に対して不愉快なメッセージを送ってしまった場合、ブロックされる可能性があります。特に、モラハラやセクハラに該当するようなメッセージを送ってしまうとブロックされる可能性はかなり高くなるでしょう。

また、相手の容姿に対して、性的な意味を含んだようなコメントした場合などもブロックされる可能性が高くなります。誹謗中傷の内容も当然ブロックの原因になり得るでしょう。

実際に会う可能性がある相手とのやりとりなので、メッセージの段階で不快感を感じた場合、その後のやりとりを続けることはありません。不愉快だと感じるような内容を送らないように十分注意しましょう。

あなたが知人だった

あなたが知人だった場合、気づき次第ブロックする可能性が高くなります。パパ活を知人に知られたくないと考える人がほとんどなので、知人だと判断すればすぐにブロックするでしょう。

一度会って断わられた相手

一度会って断られた相手であれば、ブロックする可能性があります。ブロックされたのであれば、実際に会ってみたもののその後の関係を築きたいと思えなかったと考えられますね。

実際に、一度会って断られた相手はブロックされるケースがかなり多くなります。そのため一度会ってみてダメだった相手とは縁がなかったのだと判断し、早めに次に切り替えましょう。

しつこいと感じられた

やりとりがしつこいと感じた場合、ブロックをされる可能性が高くなるでしょう。返事が来ていないのに何度も送信するなどの行為は相手に恐怖心や不快感を与えます。

恐怖心や不快感を感じた場合は、もう関わりたくないと感じブロックという判断に至るかもしれません。しつこいメッセージなどはブロックの可能性を高めてしまうので、十分に注意してくださいね。

好みではなかった

パパ活をするのであれば好みの人とと考えている人がほとんどなので、好みでなかった場合ブロックされるというケースも少なくありません。あまりやりとりをしていないのにブロックされた場合は、好みでないからというのがブロックの理由になった可能性が高いといえます。

その人にとってあなたが好みでなかっただけなので、すぐに次に切り替えましょう。

操作ミス

ペイターズのブロックはかなり簡単に完了させられるので、操作ミスも十分考えられるでしょう。お気に入りに追加するなどの表示が近い場所にあるので、押し間違えてしまった結果ブロックしてしまったというケースも少なくありません。

操作ミスでブロックされた場合、メッセージの送受信ができなくなっているなどの状況を見て操作ミスに気づくでしょう。

ペイターズでブロック機能を使いたくなったら

ペイターズでブロック機能を使いたくなったら

ペイターズのブロック機能は、気軽に使える便利な機能です。ペイターズでブロック機能を使いたくなった場合は、以下の手順に沿って操作を進めましょう。

相手とのメッセージのやりとり画面にある「…」をタップ

ブロックをする場合、自分のページ上だけでは完了させられません。ブロックをするためには、対象ユーザーとのやりとり画面からになります。

相手のやりとり画面右上にある「…」をタップしましょう。

ブロックを選択

「…」をタップしたら「ブロックする」を選択しましょう。ブロックする理由を選択する画面が表示されるので該当するものを選択します。

理由を選択したら「ブロックしました」という表示が出現し、ブロックが完了になります。手順はかなり簡単なので、慣れてしまえば1分もかからずに完了させられるでしょう。

ペイターズでブロックしてもリスクがない理由

ペイターズでブロックしてもリスクがない理由

今後関わることがない相手だと判断した、もしくは不快なメッセージが届いた恐怖心を感じているなどの場合はブロックを検討しましょう。ペイターズでブロックをしても、ほとんどリスクはありません。

以下でブロックをしてもリスクがない理由を紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

情報が見れなくなるので晒されてしまう可能性も低い

ブロックをされた場合、相手の情報は一切見れなくなります。そのため、ブロックされたことに気づいたユーザーがあなたの情報をプロフィールから確認し、どこかに晒すリスクはほとんどないといえるでしょう。

ブロックをしたことで逆恨みされて晒されてしまうのではと不安に感じている人も少なくありません。しかし、やりとりができなくなるだけでなく一切の情報が見れなくなるので、晒されてしまうリスクもかなり低く安心できますね。

相手には「退会済み」と表示されるため

相手にはブロックされている情報は表示されず、「退会済み」と表示されます。そのため、ブロックされたことに気づかず退会しただけと判断する人も少なくないでしょう。

ペイターズはパパ活専用アプリなので、退会や入会を気軽に繰り返している人も少なくありません。そのため「退会済み」と表示されていたとしても、次に切り替える人がほとんどでしょう。

その後執着されるケースはかなり少ないので、安心してくださいね。

ペイターズでブロックする際の注意点

ペイターズでブロックする際の注意点

ここではペイターズでブロックする際の注意点をご紹介します。以下の内容に該当している場合は、注意が必要に。

よく確認した上でブロックするかどうかの判断をしましょう。

個人情報を交換しているorバレている場合

個人情報を交換している、もしくはバレている場合晒されてしまうリスクがあると考えて良いでしょう。持っている個人情報をもとに検索しプライベートを覗き見る、もしくはSNSで晒すなどの行為が考えられます。

そうならないように個人情報の交換はある程度相手を信用した段階に限定しましょう。知り合ってまだ期間が短い人に個人情報を教えるのは絶対にやめてくださいね。

実際に会ったことがある場合

実際に会ったことがある相手をブロックするのはリスクが伴います。相手もあなたに対して興味がない、他の人に切り替えている場合は問題ありませんが、気に入っていた場合執着されてしまうかもしれません。

実際に会った上で今後の関係をお断りする場合はブロックではなく、しっかりと相手に伝えるようにしてくださいね。

会った時に自分の個人情報を伝えている場合はさらに注意が必要です。ブロックをする場合は会う前に判断するのが良いでしょう。

ペイターズでブロックした(された)ユーザーの口コミ

ペイターズでブロックした(された)ユーザーの口コミ

ペイターズでブロックした(された)ユーザーの口コミをご紹介します。実際に利用した人の意見になるのでかなり参考になるでしょう。

ブロックされた可能性がある、もしくはブロックを検討している人はぜひ参考にしてくださいね。

良い口コミ

良い内容の口コミは以下の通りです。

知り合いを見つけてしまい、間違えていいねしてしまいました。いいね機能は取り消せないみたいなのでブロックしようと思っています。ブロック機能があって本当に良かった。

会社や学校などの知り合いを見つけてブロックし、バレずに済んだという口コミが多くありました。

知り合いを見つけてしまった場合でも、ブロックしてしまえばあまり問題はありません。ブロックは気軽にできる便利な機能なので、知り合いを見つけてしまった場合などはすぐに対応しましょう。

悪い口コミ

悪い内容の口コミは以下になります。

実際に会った人をブロックしたら、SNSに直接連絡してきてかなり焦った。。パパ活をしている時と同じ名前でSNSしてたからバレちゃったみたい。それ以上の個人情報載せてなかったから、多分セーフなのかな。

 

気に入らないことがあるとすぐにブロックする女性に頭にきています。気になった女性がいてもすぐにブロックされてしまうから、相手が全く見つかりません。高いお金を支払っているのに意味がないです。

個人情報がバレてしまっている場合などはインターネット検索などを駆使して直接連絡をしてくるリスクがあります。個人情報は絶対に教えない、またパパ活専用のニックネームを用意するなどの対策を取りましょう。

また、すぐにブロックされてしまう困っているという人も多くいました。ブロックした人とは縁がなかったのだと判断し、次に切り替えましょう。

まとめ: ブロック機能で嫌な気持ちになったのなら、別のアプリを使う選択肢も

まとめ: ブロック機能で嫌な気持ちになったのなら、別のアプリを使う選択肢も

ペイターズのブロック機能は、場合によっては重宝する便利な機能です。しかし、ブロック機能によって嫌な思いをしてしまったという人も少なくありません。

ブロック機能で嫌な思いをしてしまった、ブロック機能がないアプリが良いという人は他のアプリを検討するのが良いでしょう。

今、会える人気のマッチングアプリ

ペイターズ(paters)
24時間以内のマッチング率が97%!パパ活ならペイターズ!

シュガーダディ(SugarDaddy)
登録男女比3:7!20代女性とパパ活するならシュガーダディ!

PCMAX
真面目〜アダルトまで幅広く使える老舗のマッチングアプリ!

★アプリは掛け持ち登録が楽しむ近道!

タイトルとURLをコピーしました