【男女別】パパ活で失うものや後悔すること|事例や対策

パパ活をすると、大切なものを失うリスクや後悔してしまう可能性があります。大切なものを失った時に後悔しても遅いです。

パパ活で失うリスクがあるものや後悔する人が多いことについて、事前に確認しておくようにしましょう。

今回は、パパ活で失うものを男女別に紹介します。併せてパパ活で後悔しないようにするための対処法も解説しているので、ぜひ最後まで確認してください。

今、会える人気のマッチングアプリ

ペイターズ(paters)
24時間以内のマッチング率が97%!パパ活ならペイターズ!

シュガーダディ(SugarDaddy)
登録男女比3:7!20代女性とパパ活するならシュガーダディ!

PCMAX
真面目〜アダルトまで幅広く使える老舗のマッチングアプリ!

★アプリは掛け持ち登録が楽しむ近道!

女性がパパ活すると失うもの

女性がパパ活をすると短時間でお金を稼ぐことができますが、いいことばかりではありません。女性でも、パパ活をすると失うものは少なからずあるのです。

ここでは、女性がパパ活をすると失うものを5つ紹介します。パパ活を始めるか迷っている方や、すでに始めているものの失うものがあるリスクを理解していない方は参考にしてください。

一般職で稼ぐ意欲

女性がパパ活をすれば、数時間のパパとのデートや食事だけで数万円程度のお手当をもらうことができます。

効率的に稼げることはパパ活のメリットではありますが、続けているうちに一般職で稼ぐ意欲を失ってしまうことが多いです。

時給1,000円ほどのアルバイトや、週5日朝から夜まで勤務して数十万円稼ぐなどの一般的な職業へのやる気を、パパ活女性が失ってしまうのも無理はありません。

パパ活では、もっと楽に多くのお金を稼ぐことができるからです。

しかし、パパ活というのは若い女性の特権でもあります。長い人生を生きていくためには働く必要がありますし、ずっとパパ活を続けていくことは難しいです。

そのため、一般職で稼ぐ意欲を失うことは、パパ活ができなくなった後の人生に大きな影響を与えます。

常識的な価値観

パパ活の世界に長くいると、常識的な価値観を失ってしまうことが多いです。特に仕事やお金に対する価値観に顕著に現れます。

パパ活で若いうちから大金を稼ぐことで、ブランドものや高級なものをたくさん購入したり、高級レストランで食事をとったりします。

このような価値観は、アルバイトや普通の会社員として働く同年代の女性とはほとんどの場合で異なるものです。

食事ひとつとっても、パパ活女子は高級レストランでパパにご馳走してもらうため、チェーン店やファーストフードの料理を受け入れられなくなってしまうことがあります。

友人との食事をパパ活で慣れているような高級店ばかりに誘っていると、価値観が違うと友人が離れていってしまうことも考えられます。

移動手段が主にタクシーだったりプチプラ商品を受け入れられなくなったりと、パパ活での生活が豊かだったことが原因で、同年代との価値観が離れていってしまうことが多いです。

自分の体

パパ活は食事やデートのみで体の関係を持たない女性もいますが、中には体の関係を持つ女性もいます。体の関係を持てば、それだけでお手当の金額が大幅に上がるからです。

さらには、ほとんどのパパが体の関係を望んでいるという実情もあります。

初めは1人のパパとの体の関係から始まったとしても、短時間でより稼ぐために複数人のパパと体の関係を持つことになる女性が多いです。

複数人と日常的に体の関係を持つとなると、自分の体には負担がかかります。体力的な問題ばかりではなく、複数人との性交渉は性病の原因にもなりやすいです。

処女でなければ複数のパパと関係を持っても失うものはないと考える女性もいますが、パパ活が原因の性病や不妊が発覚してから大切な自分の体を失ったと感じる女性もいます。

友人関係

パパ活をしていない女性は、パパ活に対してよくない印象を持っていることが多いです。体の関係があるかどうかにかかわらず、パパ活をしていると聞いただけで嫌悪感を持つ人もいます。

パパ活をしていると知っただけでも、静かに離れていってしまう友人もいるので、パパ活をすることで友人関係を失うことがあると言えます。

特に仲のいい友人は、パパ活をしていると知れば「やめなよ」と止めてくれることも多いです。それを無視してパパ活を続けると、親友との関係さえ終わってしまうこともあります。

失った友人関係は、取り戻すことが難しいです。

結婚への理想

既婚男性を相手にパパ活をすることも多いため、浮気をする男性の多さに結婚への理想を失ってしまいます。パパ活男性と関わっていると、男性への信頼を失うことになるからです。

結婚したい相手を見つけても、結婚後パパ活をするのでは?と不信感を抱いてしまうのは、パパ活の世界でさまざまなパパを見てきたことが原因です。

また、パパ活では男性のお金で解決しようとする部分や暴力的な部分などの汚い一面が見えることも多く、このような経験から男嫌い・男性不信となってしまうこともあります。

男性がパパ活すると失うもの

パパ活をすると、男性にももちろん失うものがあります。軽い気持ちでパパ活に手を出すと、大切なものを失うことになりかねません。

ここでは、男性がパパ活をすると失うものを3つ紹介します。男性でパパ活をしている方やこれから始めようとしている方は、ぜひ確認してください。

お金

パパ活では、女の子にそれなりのお手当を支払う必要があります。パパ活の頻度にもよりますが、少なからずお金を使うことになるでしょう。

デートに対するお手当はもちろん、自分と女の子の交通費やホテル代、プレゼント代などさまざまなものにお金がかかります。デートのために美容院に行ったり新しい服を買うことも多いです。

女の子はお手当が多ければ多いほど喜びますし、高級店やブランドのプレゼントを渡せばもちろん喜んでくれます。

このような女の子の反応を求めて、どんどんパパ活にお金を使ってしまう男性は多く、気づいた時には貯金がほとんどないということもあり得ます。

パパ活男性のほとんどは高収入ですが、いくら使うかは自分の理性次第なこともあるため、パパ活が金銭的負担となる男性は多いです。

仕事や社会的地位

パパ活をしていることがバレてしまうと、社会的地位を失うことになります。周囲から冷たい目で見られ、大きなイメージダウンにつながるでしょう。

もしパパ活相手が未成年だった場合、違法行為に該当することがあります。職場にバレたり未成年側から訴えられたりした場合には、仕事を失うことにもなりかねません。

きちんと管理されているパパ活アプリ以外では、年齢詐称してパパ活をしている女の子もいるので注意が必要です。

家族

既婚者がパパ活をしていた場合、バレれば家族を失うことも多いです。体の関係があるかどうかにかかわらず、女の子と食事やデートをしていれば浮気だと感じます。

さらには家庭のお金を使っていることにもなるので、家庭崩壊は免れません。離婚を言い渡されるばかりか、慰謝料や養育費を払い続ける人生になることも考えられます。

もし離婚を選択しないことになっても、一度パパ活がバレれば信頼を取り戻すことは難しいです。

パパ活をして後悔すること

軽い気持ちでパパ活を始めると、後悔することも多いです。どのようなことに後悔する人が多いのか、事前に知っておきましょう。

自分がパパ活をこのまま続けるか・始めるかを決める参考にしてください。

人を信用できなくなる

パパ活では、既婚者が内緒でパパ活をしていたり清楚な普通の女の子に見える子がパパ活をしていたりします。

このような現実を見て、「信頼できるように見えて陰で何をしているか分からない」と、人を信用できなくなってしまうことも多いです。

パパ活でこのような価値観が染み付いてしまうことで、異性ばかりか同性に対しても人を信用することができず、パパ活を後悔することがあります。

パパ活がバレて生活が変わった

パパ活は周りの人にバレていないうちは楽しくできますが、バレてしまうと生活が一変することもあります。

仕事や家庭を失うこともあれば、仲のよかった友人が離れていくこともあります。大切にしていた普段の生活が変わってしまった時に、パパ活を後悔することが多いようです。

パパ活がバレて生活が変わってしまう可能性は、男女ともに少なからずあります。こうして失ってしまった元の生活は、取り戻すことはとても難しいです。

金銭感覚を戻せない

パパ活女子は、一度パパ活の金銭感覚に慣れてしまうとなかなか戻すことができません。

稼ぐ金額はもちろん、一度上がった生活レベルを戻すのは非常に難しいことです。欲しいブランド品をためらいなく買ったりタクシー移動をしたりと、パパ活中普通にしていたことを一般的な感覚に戻すことは困難です。

いざ将来のために貯金をしたいと思ったり友達を失わないために金銭感覚を戻したいと思っても、一度染み付いた感覚はなかなか消えません。

パパ活をやめて収入がないのに金銭感覚を戻せなければ、借金をしたりさらに風俗で働くことになったりする可能性があります。

豪華でリッチな生活を忘れられずに困った時に、パパ活を後悔する女性が多いです。

性的被害を受けた

パパ活は基本的にデートに対してお手当を払うドライな関係性のものを指しますが、パパのほとんどは体の関係を求めています。

両者が同意の上でお手当を払い体の関係になるならいいのですが、中には悪い考えのパパも存在します。

出会った相手が悪く、性的被害を受けたという女性も少なくありません。怖い思いをした時に、パパ活を始めたことを後悔します。

普通の恋愛ができなくなる

パパ活では、女性の場合パパが全てのデート費用を払ってくれた上にお手当が発生します。男性は、自分の年齢よりも若い女の子とデートができます。

このようなお互いのメリットで成立しているのがパパ活ですが、いざパパ活以外で普通の恋愛をしようとすると物足りないと感じる人が多いようです。

女性側からすると、時には割り勘のデート費用もありますし、もちろんデートにお手当は発生しません。男性は、パパ活女子ほど年齢の離れた女の子と普通に付き合うのが難しいです。

パパ活の感覚が抜けないままだと、普通の恋愛に不満を感じてしまう人は少なくありません。意識して戻せるものでもないので、パパ活を始めたこと自体を後悔することがあります。

パパ活で後悔をしないためには?

パパ活で失うものや後悔することなどデメリットばかりを紹介してきましたが、後悔なくパパ活を楽しむためにはどうすればいいのでしょうか。

ここではパパ活で後悔しないための対処法を3つ紹介します。後悔のないパパ活を楽しむための参考にしてください。

優先順位をはっきりする

パパ活が第一優先になるほどのめり込んでしまうと、後悔する出来事が起きる可能性を高めてしまいます。何が自分にとって大切なのかをはっきりさせておきましょう。

仕事やプライベート、家族など優先するものは人それぞれです。クリスマスやバレンタインなどのイベントの日にパパ活を優先してしまうと、周りの人にバレやすくなります。

優先順位を見失わないようにすれば、パパ活にのめり込んで周りが全く見えないという状況を防ぐことができます。

目標を決めて長期間のめり込まない

パパ活は長く続ければ続けるほど、バレるリスクも高まり価値観も染まってきてしまいます。大切なものを失って後悔しないためには、短期間で楽しむといいでしょう。

お金を稼ぎたい女性は稼ぐ金額を決めたり、若い女の子とのデートでストレスを発散したい男性は期間やデートする人数をあらかじめ決めることもおすすめです。

短期間と決めて始めるパパ活であれば、大切なものを失う前にキッパリとやめることができるでしょう。後悔しないためにも、長期間のめり込むようなパパ活は避けることをおすすめします。

パパ活相手との距離感を考える

パパ活相手を好きになることや好きになられることは、お互いにとっていいことではありません。パパ活相手と両思いの関係になることはほとんどないからです。

パパ活相手に本気で好きになられてしまうと、関係を終わらせてくれなかったりストーカーとなってしまったりと怖い思いをする可能性もあります。

パパ活相手に恋をした場合、相手はパパ活相手だと割り切っていることがほとんどなため実らず、迷惑がられてしまいます。

このような事態を防ぐためにも、パパ活相手との距離感は適切に保つようにしましょう。

まとめ:パパ活をして失うものもあるので、後悔しない選択をしよう

軽い気持ちでパパ活を始めてしまうと、大切なものを失ってしまう可能性があります。後からこんなはずじゃなかったのに、と思ってももう遅いです。

パパ活をするリスクは、事前によく理解しておくようにしましょう。

後悔しないパパ活を楽しむためには、優先順位を決めパパ活にのめり込まないことが大切です。大切なものを優先し、金銭感覚や常識も保ったままパパ活を楽しんでください。

大切なものを失わないためにも、パパ活を始めない・やめるという選択も視野に入れつつ、自分自身で後悔のない選択をしましょう。

今、会える人気のマッチングアプリ

ペイターズ(paters)
24時間以内のマッチング率が97%!パパ活ならペイターズ!

シュガーダディ(SugarDaddy)
登録男女比3:7!20代女性とパパ活するならシュガーダディ!

PCMAX
真面目〜アダルトまで幅広く使える老舗のマッチングアプリ!

★アプリは掛け持ち登録が楽しむ近道!

タイトルとURLをコピーしました