パパ活でドタキャンされないようにするには?4つの対策と対処法

パパ活をしていて、約束したはいいもののドタキャンされて困った経験のある方は多いのではないでしょうか。

パパ活でのドタキャンは、対策をすることで予防できます。

本記事では、パパ活におけるドタキャンの対策やドタキャンされた際の対処法について解説します。

なぜドタキャンするかの心理についても紹介していますので、パパ活のドタキャンに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

ドタキャンはよくある?

実はパパ活の世界では、男女問わずドタキャンはよくあることです。「自分に何か問題があったのでは?」と気にしすぎてしまう必要はありません。

パパ活は、ネットで知り合う他人とお金のやりとりによって成立する関係です。

このような薄い関係性では、ためらいなくドタキャンをする人は一定数存在します。自分自身も可能な限り割り切った考えを持ちましょう。

とはいえ、よくあることだと言っても、できる限りドタキャンされたくないものです。

できる限りの対策はして、ドタキャンされる回数は最小限を目指しましょう。

パパ活でドタキャンされない4つの対策

パパ活においてのドタキャンは、ある程度予防することができます。ここでは、パパ活でドタキャンされないための対策を4つ紹介します。

自分にできる対策を行うことで、迷惑なドタキャンを減らし快適にパパ活をしましょう。

こまめに連絡をとる

パパ活でドタキャンを防ぐためには、こまめに連絡をとることが効果的です。単純に、連絡が途絶えてしまうと予定を忘れられてしまうことが多いからです。

パパ活のデートの日程が少し先であれば、一度連絡が途絶えることがはよくあります。その場合は、遅くても前日には連絡をとりましょう。

「明日楽しみにしてるね」や「明日の集合は◯時で大丈夫?」などとメッセージを送ると、自然に連絡をとることができます。

当日までに連絡が返ってくれば、ドタキャンの可能性を大きく減らすことができるでしょう。

アプリに頻繁にログインしている人を選ぶ

パパ活アプリを利用してデートの約束をするなら、アプリに頻繁にログインしている人を選びましょう。パパ活アプリでは、最後にログインしたのがいつか表示される仕様のものが多いです。

頻繁にログインしている人なら、パパ活へのモチベーションも高くドタキャンされる可能性は低いと言えます。

一方であまりログインしない人は、予定を忘れられたり面倒になったりといった理由でのドタキャンが多い傾向があります。

もちろん、パパ活アプリで出会ったあとは他のツールを使って連絡をとる人も少なくないです。

パパ活アプリにあまりログインしていない人は絶対にだめというわけではありませんので、他のツールでの連絡頻度も考慮して判断するといいでしょう。

近い日程で予定を立てる

ドタキャンされるのを防ぐためには、できるだけ近い日程で予定を立てましょう。先の日程で約束をしてしまうと、予定を忘れられてしまう可能性も高いのでおすすめしません。

遠い日程よりも近い日程の方が予定が変わってしまうリスクも減らすことができ、ドタキャン率が低い傾向があります。

忙しい人同士ではどうしても予定が合わずに先の日程になってしまうこともありますが、特別な理由がなければできるだけ近い日程を選んで約束するとドタキャンを予防することができます。

パパ活アプリを使う

パパ活アプリを利用する以外にも、SNSで個人的にやりとりをして約束することでパパ活を行なっている人もいるでしょう。

しかし、TwitterやInstagramなどのSNSは、誰でも気軽に登録できるぶん、ドタキャン率も高いと言えます。

パパ活アプリでは、パパ活を目的とした人がわざわざ登録をしているものなので、ドタキャンもSNSと比べると少ないです。

パパ活アプリは監視体制が充実しているものがほとんどで、違反行為を繰り返すユーザーは通報や処分などで対策されています。

もし自分が違反行為を受けた場合でも、アプリを通していれば通報することができます。ドタキャンしたユーザーに対してペナルティを与えているアプリもあるほどです。

ドタキャンを予防すると同時に自分の安全を守るためにも、パパ活専用アプリを通してパパ活することがおすすめです。

今、会える人気のマッチングアプリ

ペイターズ(paters)
24時間以内のマッチング率が97%!パパ活ならペイターズ!

シュガーダディ(SugarDaddy)
登録男女比3:7!20代女性とパパ活するならシュガーダディ!

PCMAX
真面目〜アダルトまで幅広く使える老舗のマッチングアプリ!

★アプリは掛け持ち登録が楽しむ近道!

万がいちドタキャンされた後の対処法は?

どんなに対策をしても、パパ活ではドタキャンされることが多いのが現実です。万が一ドタキャンされてしまった場合の対処法を紹介します。

直前になって「会えなくなった」という内容の連絡がきた場合は、嘘か本当かにかかわらず相手を気遣う言葉を返信しましょう。

同時に次回のデートの約束を決めてしまう作戦もあります。次回のパパ活につなげたい方は、試してみてください。

同じ相手に何度もドタキャンされたり、連絡もなしに待ち合わせ場所に現れない場合は無視してしまって構いません。

同じ相手に執着せず、穴埋めできる相手を探しましょう。ドタキャンにいちいち心を痛めなくてもいいように、パパ活のアプリは複数登録しておくこともおすすめです。いい条件の相手を出会いを広げて探していくことが、パパ活成功のきっかけになります。

パパ活でドタキャンされるサイン

パパ活でドタキャンされる前には、多くの場合で兆候があります。事前にこの相手はドタキャンしてくるかも、と察知できるサインを5つ紹介します。

当てはまる人が必ずドタキャンするわけではありませんが、ドタキャンされるリスクが高い相手を避けてパパ活できるよう参考にしてみてください。

返信が毎回遅い

アプリでマッチングした後や、デートの予定を決めている時など、いつも返信が遅い人はドタキャンするリスクが高いです。男女ともに、関心が薄い人に対しては返信が遅くなる傾向があります。

1日のうちにスマホを一度も見ない人は、現代ではほとんどいません。

忙しいとは言っても、関心があり会いたい人の返信は優先的にする人が多いです。そのため、毎回返信がくるまでに数日かかる場合は、ドタキャン率が高いです。

アプリへのログインが少ない

アプリへのログインは、パパ活へのやる気を表しているとも言えます。熱心にパパ活を行なっている人であれば、長期間ログインしていないことはほとんどありません。

そのため、アプリへのログインが少ない場合はドタキャン率が高いです。

しかし、パパ活アプリで出会ったあとは普段からよく見る連絡ツールで連絡をとるタイプの人もいます。

LINEを交換し連絡がよく返ってくるという場合なら、アプリのログイン頻度は気にしなくてもいいでしょう。

相場より極端に高額な金額提示

パパ活の際に発生するお手当の金額は人によって異なりますが、ある程度の相場は決まっています。

会う前に金額をされることが多いですが、その際相場よりも極端に高額な金額を提示してくる人にはドタキャンされる可能性が高いです。

パパ活で相場よりも高額な報酬に拘っている人は、他に同じくらい高額な報酬を支払ってくれるパパがいて、比べられていることが考えられます。

また、金額に拘ってパパ活をしている人は同じ日にもっと条件のいいパパ活の予定が入れられた場合、ドタキャンしてくることが多いです。

予定を何度も変更してくる

一度予定を決めたにもかかわらず、何度も予定変更してくる人はドタキャン率が高いです。

予定変更の理由はさまざまありますが、忙しいにしても他のパパ活を優先しているにしても、ドタキャンにつながりやすいです。

たびたび予定の変更をしてくる人には注意しましょう。

約束の日や時間が近いのに連絡がとれない

パパ活の約束当日になって連絡をとろうとしても返信がない場合は、約束の場所にこないままドタキャンされる可能性が高いです。

約束の日や約束の時間の直前は、待ち合わせのためにお互い連絡をとろうとするのはが自然です。

待ち合わせ直前の時間に連絡がとれない場合は待ち合わせ場所にこないことが多いので、待ち合わせ場所周辺に自分が行きたいお店を見つけるなど埋め合わせの予定を考え始めることもおすすめします。

なぜパパ活でドタキャンするの?

パパ活で一度デートの約束をしたにもかかわらず、なぜドタキャンするのでしょうか。ドタキャンする側の心理や主な原因を6つ紹介します。

他にいいパパとの予定が入った

パパ活でお金を稼ぐことだけを目的としている女性は、同じ日にもっといい条件のパパとの予定を入れることがあります。金額だけを見て、どの予定に向かうか判断している場合です。

条件のいいパパとの予定を同じ日にしか入れられなかった場合、元の予定をドタキャンしてでも条件の良いパパを優先します。

特に初回のデート前はまだ顔を合わせたこともなく、メッセージだけでのつながりではドタキャンをすることに罪悪感がないという女性もいます。

面倒になった

パパ活がお小遣い稼ぎ程度の認識の女性は、面倒になったという理由だけでもドタキャンをすることがあります。

パパ活ではお互いの関係性が薄い分、気軽にドタキャンされてしまうことも多いのです。

面倒になることに特に理由がない場合もありますし、寝不足や天気が悪く雨が降っているなどの些細なことが理由となる場合もあります。

パパ側ではどうしようもない部分もありますが、メッセージの段階で金額面でも人柄の部分でも、何か会いたいと思わせる特徴を持つといいでしょう。

待ち合わせ場所で見て帰った

待ち合わせ場所にこなかったと思っていても、実は一度きたものの帰ったというパターンも少なくありません。顔を見てあまりにもイメージと違った場合、デートしたくなくて帰ってしまうことがあります。

パパ活アプリに登録している顔写真があまりにもイメージと違う人によく起こります。または、顔写真を登録せずにデートの約束をした際にも、一目見て不潔だったり怖かったりすると帰られてしまうことが多いです。

第一印象は、ドタキャンだけではなく次のパパ活につながるかどうかに関しても大切なポイントです。パパ活アプリでは、実際とあまりに印象の違う写真で釣ってデートの約束をすることは男女ともにおすすめしません。

予定の勘違いや忘れ

単純に予定を別の日だと勘違いしていたり、忘れていたりして悪気なくドタキャンとなってしまう人もいます。遠い日程にデートの約束をした人に多いパターンです。

遠い日程に約束をしたまま会話が終わってしまい連絡をとっていないと、予定管理を徹底していない人には忘れられてしまいます。

もし遠い日程でのデートの約束になったのなら、直前には必ずもう一度連絡を入れるようにしましょう。

悪気なく勘違いしていたり忘れていたりした場合には、予定を調整してくれるかリスケするなどの対応が期待できます。

直前に連絡をとることで、約束当日に長時間待ち合わせ場所で待ちぼうけになることも防げます。

急用ができた

急用ができたというのはさまざまな理由でドタキャンしたくなった際の言い訳にもよく使われます。そのため嘘なのではないかと疑ってしまいがちですが、本当に急用ができる可能性は誰にでもあります。

特にそれまで楽しくメッセージをやりとりしていた場合や、何度もデートを重ねている場合などは疑わずに信じてみることも大切です。

中でもすぐに次のデート日程を提案してくれた場合は、「嫌われたのかも」や「他のパパを優先させたのかも」などと考えすぎなくても良いでしょう。

メッセージで怒ってしまわずに、優しく対応することで今後のパパ活も良好に続けられることも多いです。

事件や事故に巻き込まれた

非常に稀なパターンではありますが、事件や事故に巻き込まれたために連絡を返せずドタキャンとなってしまうこともあります。

緊急事態の場合、待ち合わせ時間までに連絡をすることができないことは仕方のないことです。状況が落ち着けば、説明の連絡がくることでしょう。

急用ができた場合と同じく本人に悪気のないパターンでは、対応次第でより良好なパパ活関係を続けられるかここでおしまいになるかが決まります。

これからもパパ活を続けたいと思う相手なのであれば、気遣うメッセージを送ることを心がけましょう。

まとめ:パパ活でドタキャンされてもいいように準備をしておく

パパ活でドタキャンをされることは、残念ながら珍しくないことです。できるだけドタキャンされない対策をとったり、ドタキャンの兆候がある人との約束は控えることで予防しましょう。

ドタキャンされたからと言って過度に落ち込む必要はありません。パパ活にドタキャンは付き物だと割り切って考えましょう。

仕方のない理由でドタキャンされた場合は、その時の対応や気遣いによって今後のパパ活関係が変わります。本記事が、パパ活でのドタキャン予防や対処法の参考となれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました